イベント

メルペイとは詳しく!メリット・デメリット・セブンイレブンや後払いの使い方は?


メルカリからついに始まったスマホ決済メルペイとはどんなものなのでしょう。

メルペイとはセブンイレブンなどでも使えるのか、その際のデメリットやポイントの付加などについて調べました!

セブンイレブン以外のコンビニでも使えるか、その場合のデメリットやポイントについてメルペイについてまとめちゃいました!

メルペイとは?メルペイの利用料は?

メルペイとはどんなシステムなのでしょう。

メルペイとは2019年2月から始まった国内最大級のフリマアプリ「メルカリ」から始まったスマホ決済サービスです。

メルカリでの売上金からコンビニやスーパーといった店舗で買い物ができ、売上金がなくても講座登録をしておけばそこからチャージすることもできるんです。

つまりメルペイとはメルカリ使用者にとっておすすめの決済サービスなんです。

メルペイの利用料は無料です!

メルカリをやっていなくてもメルカリのアプリをダウンロードすれば誰でもメルペイを利用できちゃうんです。

メルペイの使用方法は?チャージのやり方は?

https://twitter.com/merpay_official/status/1151453997649166337

メルペイを使用するにはお財布携帯に対応していないといけないのです。

ですので、iPhoneですとiOS10.1以上の端末、AndroidではAndroid5.0以上でのスマホからです。

ここはメルペイのデメリットと言えますね。

しかしQRコード決済も一応あるにはあるようです。

まだ使える店舗自体少ないので、ほとんどタッチ型の電子マネーとして利用している人が多いようですね。

メルペイを使う際はiDでの支払いになります。

iDとメルペイって違うんじゃないの?と思いますよね。

メルペイとはQRコード決済ではなくタッチ型の電子マネーのようなものなのです。

ですので、コンビニなどで使用する際はメルペイで、といっても伝わないかもしれません。

iDで、といえば問題なく使えます。

メルペイのチャージ方法

メルペイのチャージ方法は2つあります。

まず、メルカリで売買をやっている人は売上金というものがありますよね。

これまでメルカリ内でしか使えなかった売上金がそのまま買い物時に使えちゃうんです。

メルカリでは購入しかやっていない人は、銀行口座からチャージすることができます。

ネット銀行では現段階ではチャージできないようですね。

それ以外の銀行は地方銀行でもチャージが可能となっているようですので、売上金からじゃ足りない、口座からチャージすれば購入できる!という時はこちらを利用するのも一つの手です。

  1. 売上金がそのまま買い物に使える(チャージされてる状態)
  2. 銀行口座からチャージする

※クレジットカードからはチャージができませんので、注意しましょう。

メルペイが使える場所は?

メルペイとは全国80か所以上の店舗で使えます。

セブンイレブンなどのコンビニでも使え、三大大手コンビニで利用可能なのです。

セブンイレブンで利用できるPay系はまだLINEPayやセブンPayぐらいしかないので、セブンイレブンで利用できるメルペイはかなり価値が高いです。

ファーストフードでも使えますので、生活の身近な部分で利用可能なんです。

iDが利用可能の店舗は全国に135万か所以上ありますので、メルペイ使用できる場所よりiD使用可能で探すと早いです。

iD利用可能の場所はコンビニやスーパー以外にも家電量販店、薬局、カフェや百貨店などでも使えます。

そう考えるとかなり幅広い範囲で利用可能なようですね。

メルペイのメリットとデメリット

メルペイの利用の際のメリットデメリットを紹介しますね。

メルペイ メリット デメリット
売上金がそのまま使える
Suicaへチャージ
クレジットカード
会計が楽
売上金の有効期限
メルカリユーザー以外のお得
ポイント還元率
クーポンがお得

メルペイのメリット

メルペイのメリットの説明をしますね。

メルカリユーザーであれば売上金の有効期限がこれまでありましたが、メルペイにしたことでその有効期限がなくなりました

これはかなりのメリットですね。

Suicaへのチャージは現段階ではiPhoneのみなようです。

メルペイの一番のお得はクーポンだと思われます。

セブンイレブンなどの大手コンビニの商品がお得なクーポンで格安で購入可能なのです。

時折やっているこのクーポンだけでもメルペイを利用する価値はあるのではないでしょうか。

メルペイのデメリット

次はデメリットです。

メルカリとはメルカリユーザー以外にはほとんど恩恵がないと言っていいです。

メルカリを利用している人はメルペイを使うと便利ですが、ユーザーではない人におすすめできません。

さらにメルペイとはiDで支払うにもかかわらず、なぜかクレジットカード登録ができません。

売上金か登録口座からのチャージのみなんです。

学生などクレジットカードを持っていない人には便利かもしれませんが、クレジットカードで支払いをしている人にはちょっと残念ですね。

そのためクレジットカードで支払った際のポイントがつかないというデメリットが発生します。

さらにメルペイにはポイントがないんです!

これは大きなデメリットかもしれませんね。

他の会社、PayPayやLINEPayでは支払い時に還元率されたり、ポイントが付加されますよね

メルペイにはそれがないんです。

これはデメリットとして大きいかもしれませんね。

メルペイでは後払いが可能?

メルペイでは他のペイ系と違う点がもう一点あります。

それが後払いシステムです。

普通のペイ系ですと、チャージされた分だけ利用可能で残高が発生したらチャージをしないと使えません。

しかしメルペイには後払いというシステムがあるのです。

後払いのメリットをご紹介します。

  • ひと月に何度でも後払い可能
  • 支払いは翌月後
  • 後払いの上限は自分で設定可能

後払いはクレジットカードと同じだと考えるとわかりやすいですね。

支払いの翌月以降ですし、上限金額も自分で設定できますので使いすぎも防げます。

ただ、上限金額の設定に関してはメルペイの「信用スコア」というものが関係してきます。

メルカリ内の売買などでこの信用スコアが変わってきますので、上限金額は人によって異なります。

メルカリを使っていなくても、メルペイでの後払いを使用した後の支払い度によっても信用スコアは変わってきます。

ですので、今後も後払いを使用したいと考えている人はこの信用スコアを頭に入れておきましょう。

メルペイを使った人の感想は?

実際にメルペイを使用した人の感想はどうなのでしょう。

https://twitter.com/UBRE4/status/1148574180763324416

https://twitter.com/koyaken_007/status/1152542257183985664

メルペイでもらったポイントを利用して外食したりする方もいるんですね。

ただ買い物をするだけではなく、外食チェーン店舗のほとんどで利用可能なので、外食が多い人にはおすすめかもしれませんね。

メルペイのお得キャンペーン!

https://twitter.com/mercari_jp/status/1152186321848418306

メルペイでは定期的にキャンペーンを行っています!

今回はセブンイレブンとのキャンペーンで、最大20%還元されるんです。

あれ?さっき還元はないっていってたよね?と疑問がわきますよね。

普段の支払いでは還元されたりポイントが付加されることはないんです。

メルペイとはメルペイに新規登録したり、定期的に開催されるキャンペーンなどでポイントが付加されたり、還元されたりするようなんです。

このポイントは1ポイント1円として使えますので、メルペイから貰ったポイントで支払いも可能なんです。

このポイントは翌日に付加されるようです。

ですので、使用した日は使えませんが、翌日から付加されたポイントを使って買い物などが楽しめるということなんですね。

かなり定期的にキャンペーンをやっているようですので、クーポンでお得に買い物をしたいという人にはおすすめの決済サービスだと言えます。

クーポンもかなりお得なものばかりです!

メルペイのコード決済がセブンイレブンで可能に!

2019年7月1日よりセブンイレブンでメルペイのコード決済が利用可能になりました。

これまでタッチ式での決済のみでしたが、コード決済が利用可能になったということで、メルカリを利用している人の利用頻度が上がる可能性は高そうです。

メルペイ以外にもLINEPayやPayPayでもコード決済に対応しています。

これでセブンイレブンで使えるペイ系は3つとなりました。

まとめ

メルペイとはメルカリ利用者にとってとてもお得な決済サービスだと言えます。

クーポンも定期的に行われ、キャンペーンで還元率もお得になる事があります。

普段の支払いでは使えませんが、キャンペーン時だけ利用するのもいいかもしれませんね。

デメリットのポイントや還元率付加はキャンペーンの時には付加されますので、たまに使う分には便利かと思います。

クレジットカードは使えませんが、学生の方やクレジットカードを利用するのは怖いな、という人にはおすすめの決済サービスですね。

色々なペイと並行しながら利用してみるといいかもしれませんね。