ドラマ

【だから私は推しました】あらすじネタバレ!最終回ラスト結末・原作は?


【だから私は推しました】はNHKで放送予定のテレビドラマです。

どのようなあらすじなのでしょうか。

【だから私は推しました】には原作などあるのか、原作があるとすればあらすじやネタバレなどがあるのかなど気になった点をまとめてみました。

記事の内容には一部ネタバレが含まれていますので、閲覧の際はご注意ください。

【だから私は推しました】あらすじは?

※あらすじにはネタバレが含まれています。

ネタバレが見たくない人は注意してください。

主人公、愛は友人とのマウンティングやSNS映えといった日常のちょっとした見栄張りに疲れ切っている三十路近いOL。

ある日、ひょんなことから地下アイドルのライブに行くことになった。

ライブでは地味でぎこちない笑顔を振りまいているアイドル、ハナを目撃した。

あまりの下手さに苛立ちを覚える愛だったが、ハナの懸命さに心を打たれた愛は次第にハナに自分を分身として推していくことになる。

しかしそれは「オタク沼」の始まりに過ぎなかった。

キラキラした日々を送るOLから離れ、ズブズブと沈んでいく「アイドルという沼」

ハマればハマるほど狂い始めるお互いの関係…果たして推しとの出会いは吉だったのか、凶だったのか。

愛の運命はどうなる?

オタク沼にハマってしまったOLの物語のようですね。

これは共感する人が多い作品になるのではないでしょうか。

【だから私は推しました】キャスト一覧・相関図

「だから私は推しました」のキャスト一覧です。

一部ネタバレが含まれていますので、閲覧にはご注意ください。

遠藤愛:桜井ユキ

三十路目近のOL。

栗本ハナ:白石聖

https://twitter.com/shiraishi_sei/status/1118818243324465152

地下アイドルメンバー。

小豆沢大夢:細田善彦

https://twitter.com/IsEversince/status/1146328842002292736

オタクのリーダー。

原花梨:松田るか

https://twitter.com/imrukaM/status/1143069258240237569

地下アイドルのリーダー。

聖護院実:澤部佑

刑事。

椎葉貴文:村杉蝉之介

古参オタク。

 

劇中の地下アイドルに関しては「NHKがほこるアイドルグループを作ろう」ということで2019年1月にオーディションが開催されました。

結果、約100人の候補生の中から5人のアイドルが選ばれたのです。

白石聖、松田るか、田中珠里、松川星、天木じゅんの5人です。

ドラマ内ではどのような立ち位置にいるのかがわかっているのは白石聖さんと松田るかさんのみです。

残りの3人に関しては今後発表されていくかと思われます。

【だから私は推しました】ネタバレ最終回は?原作はあるの?

「だから私は推しました」に原作はあるのでしょうか。

調べてみたところ、原作はないようです

脚本家の森下佳子さんのオリジナル作品のようです。

森下佳子さんはこれまで「義母と娘のブルース」「天皇の料理番」「ごちそうさん」など数々のドラマで賞を受賞しています。

そんな森下佳子さんが描く原作のないオリジナルドラマはいったいどんな内容になるのか楽しみです。

【だから私は推しました】映画の『堕ちる』に似てる?

「だから私は推しました」は2016年公開の映画「墜ちる」に似ていると言われているようです。

「墜ちる」はいったいどんなあらすじなのでしょうか。

「墜ちる」のあらすじやネタバレを含みますので、未視聴の人は閲覧にご注意ください。

「墜ちる」あらすじ

主人公、耕平は群馬県に住んでいた。

伝統的な織物「桐生織」の職人として日々生活していた。

性格は無口で仕事以外ではほとんどしゃべることのない男だ。

仕事漬けの耕平だったが、ある日床屋の主人の娘と出会い、その娘が地下アイドルをしていることを知った。

地下アイドルめめたんとして活動している娘のライブチケットを、床屋の主人は耕平に渡した。

ライブでは若々しくくるくると激しく踊るめめたんに目を奪われ、耕平は徐々にめめたんにのめり込んでいく。

部屋中にめめたんのポスターを張り、常に彼女のCDを聞くという生活を送ることになった。

めめたんにはまったおかげで、耕平の表情にも大きな変化が現れるようになった。

そこで耕平はめめたんのために桐生織の着物ドレスを送ることを思いつく。

仕事一筋と言ってもよかった男だったが、その仕事の事すら忘れて無我夢中に着物ドレスを仕立てていく。

出来上がった着物ドレスをめめたんに渡すことができたものの、めめたんは東京デビューが決まってしまい、着物ドレスはそのまま床屋の主人から返却された。

耕平はライブで右手を骨折してしまい、仕事もおろそかにしてしまった結果、職場のクビになってしまった。

耕平は落ち込んだまま、めめたんに贈るはずだった着物ドレスを着て、前職の職場の前で自殺を図ろうとするも、失敗。

そこで職場の所長がやってきて、耕平の作った着物ドレスを見て大絶賛の声をあげた。

その後、耕平と社長はアイドルを運営する会社を設立し、再起を図った。

 

あらすじはこんな感じのようです。

確かにいくつか「だから私は推しました」に似てる部分はありますね。

ただ、違う点もいくつかあります。

 

まず、主人公の性別です。

「墜ちる」では耕平という男性で年齢は50代のようです。

「だから私は推しました」では愛という30代目前のOLが主人公で、この時点で年齢と性別、職業が異なります。

その後、どちらの作品も地下アイドルにのめり込んでいく部分は同じです。

「墜ちる」は地下アイドルのめめたんは知り合いの床屋の主人の娘という、事前に顔を知っていた可能性がある一方、「だから私は推しました」は出会いのきっかけは特に明記されていません。

愛が地下アイドルのライブに行った、としかなく、どのような経緯で地下アイドルのライブを見に行ったのかは不明となっています。

さらに男性と女性主人公だからこその違いがあります。

「墜ちる」では耕平はどんどんめるたんにのめり込んでき、ついには自分の技術を駆使して着物ドレスを制作します。

そして渡すことに失敗し、自殺を図ります。

この時点で耕平はめるたんに「恋」をしていた可能性はあります。

恋ではなくてもそれに近い感情を持ち合わせていた可能性はありそうですね。

「だから私は推しました」は愛もハナも同性ということから、恋愛感情に発展するかどうかは不明です。

ただ、あらすじの中に「ハマればハマるほど狂い始めていくお互いの関係」とあります。

そして愛はハナを自分の分身という風に思っており、それが理由でどんどん嵌っていくようです。

愛は承認欲求が強いというのもあらすじのほうでも明記されています。

耕平は着物ドレスを受け取ってもらえず自殺未遂、その後すぐに復帰します。

ここの部分も男女の差としては大きな違いなのではないでしょうか。

 

確かに内容は似ていますが、完全に似ているとは言い難いですね。

「だから私は推しました」は原作のないドラマですし、まだ放送されていません。

結末でどうなっていくのかで判断するしかなさそうですね。

【だから私は推しました】の放送日・概要・スタッフ

放送予定日

初回放送日 NHK総合 2019年7月27日
毎週土曜日 NHK総合 23時30分~23時59分(全8回)
再放送 NHK総合 0時40分~1時9分

 

概要

「ゾンビ」「腐女子」に続く“よるドラ”第三弾

地下アイドル×女オタ

地下アイドルと出会い、オタク沼にハマったOLを待ち受ける意外な結末とはーー

「他人からのイイネがないと不安…」「みんながイイって思うものしか良いって思えない…」

そんな生きづらさを抱えるヒロインの人生を変えたのは、一人の地下アイドルだった。

自分が愛したものに突き進むヒロインの成長と転落、“地下”のディープな世界の中を書いていきます。

スタッフ

脚本家:森下佳子

音楽:蔡忠浩(bonobos)

演出:保坂慶太、姜暎樹、渡邊良雄

プロデューサー:高橋優香子

制作統括:三鬼一希

【だから私は推しました】各話のあらすじと視聴率まとめ

「だから私は推しました」は7月27日より放送開始されます。

まだ各話のあらすじやネタバレ、視聴率などについては発表されていません。

ドラマが放送され次第追記していきたいと思います。

ネタバレを含んでいますので、視聴していない方は閲覧にはご注意ください。

【だから私は推しました】ネットでの声は?

「だから私は推しました」について、ネットで放送前の声はどうなっているのでしょう。

Twitterからいくつか選んでみました。

結構楽しみにしているという声が多いようですね。

キャストの人が好きなので見る、という声もありますね。

【だから私は推しました】あらすじネタバレ!最終回ラスト結末・原作は?まとめ

「だから私は推しました」についていかがでしたか。

若い人向けに書いた作品と言われていますので、共感する人も多いのではないでしょうか。

原作がないからこそ、どんな結末を迎えるのか楽しみで仕方ありません。

詳しいあらすじなどは公式HPに記載されています。

ここまで読んでくださりありがとうございました。