未分類

松岡修造の家系は宝塚に天皇と噂の真相!嫁は田口恵美子で再婚なの?

スポンサーリンク

松岡修造さんの家系がすごい!?宝塚や天皇家とかかわりがあるの?ということが話題になっています!

そして結婚された嫁さん田口恵美子さんに再婚との噂もあるのだとか。

今回は松岡修造さんの

「家系が宝塚や天皇家とかんけいがあるのか」

「結婚したお嫁さん田口恵美子さんは再婚なの?」

ということについて、詳しく調べてみたいと思います!




スポンサーリンク





松岡修造の凄い家系図を解説!曽祖父は宝塚創始者でその他の経歴や肩書も半端ない

 

曽祖父

松岡修造さんの曽祖父は阪急東宝グループを創業した小林一三氏。

小林一三氏が興した事業は他にも阪急鉄道、阪急百貨店、東宝、阪急ブレーブス(現オリックスバッファローズ)
そして、宝塚歌劇団も小林一三氏が創ったものなのです。

現在も宝塚歌劇団は阪急電鉄の一部門であり、劇団員は阪急電鉄の正社員扱いになっているのだとか!

さらに、他の家族についても見ていきます!

松岡修造さんの祖父、父、兄

松岡修造さんの祖父は阪急東宝グループを作った小林家から松岡家に婿養子として
きています。

もともと松岡家も兵庫県の有力資産家であったのですが、松岡修造さんの祖父が小林家から婿養子としてきたことで東宝系企業での重要なポジションを担うようになっていきます。

祖父と父は映画会社東宝の元社長務め、松岡さんの兄も東宝東和の会長をされています。

松岡家の男性たちは東宝グループで重要なポストについていますね。
松岡修造さんも家業に携わっていたらこのような仕事をしていたのでしょう。

松岡修造さんの母

松岡修造さんの母・千波静(ちなみしずか)さんは宝塚歌劇団の第44期生です。

昭和32年に入団、37年退団。

初舞台は『鼻の踊り・花のエキスプレス』
男役です。

松岡修造さんの伯母

松岡修造さんの母の姉もまたタカラジェンヌで千波淳(ちなみじゅん)さん。

昭和30年に入団、44年に退団し、おばさまもまた男役でした。

初舞台は『眠れる美女』『春の踊り‐レインボー宝塚‐』

松岡修造さんの叔母

松岡修造さんの叔母、つまり母の妹さんもまたタカラジェンヌ!

名前は千波薫(ちなみかおる)さんで宝塚歌劇団の第48期生。

昭和37年入団、40年退団の男役。

『初舞台はメイド・イン・ニッポン』

松岡修造さんのお母様は3姉妹で皆さんがタカラジェンヌなのです!!
凄いですね。

しかしそれだけではありません。

松岡修造さんの従妹

叔母様の娘、松岡修造さんの従妹もまたタカラジェンヌでした。

名前は千波ゆうさん。宝塚歌劇団の第76期生。

平成2年入団。8年に退団しています。

初舞台は『ベルサイユのばら‐フェルゼン編‐』

退団後は芸名を田中里衣に変え、女優として活躍されています。

スポンサーリンク





松岡修造の従兄弟が宝塚歌劇団・蘭寿とむと結婚?名前や職業も

松岡修造さんの従弟は元花組のトップスター蘭寿とむさんとご結婚されました!

どこまでも宝塚歌劇団に縁がありますね。

ちなみに、松岡修造さんの娘が宝塚歌劇団を目指すきっかけとなったDVDで主演を務めていたのは蘭寿とむさんだったのだとか。

親戚に宝塚歌劇団のあこがれの方がいるのいうのはとても恵まれた環境ですよね。

義伯父、従兄

松岡修造さんの義伯父にあたる小林公平さんは宝塚歌劇団の理事長や音楽学校の校長を務めています。
その息子、小林浩平さんも2015年まで宝塚歌劇団の理事長を務めており、理事長引退後も2017年4月からは宝塚音楽学校の校長に就任。

それもあって、松岡修造さんの娘、松岡恵さんはコネ入学なのでは?との疑惑がもたれたようです。

松岡修造さんの家系がが天皇と言われる理由は?

天皇というとあの天皇陛下と関りが!?と思ってしまいますがちょっとそれはちょっと違いました。

松岡修造さんの曽祖父、小林一三氏の時代、財界のトップのことを「財界の天皇」という言い方をしていたのだそう。

小林一三氏は大阪を拠点に事業をしていたので関西財界の天皇と言われていたため『天皇』という言葉が残っていたのですね。

天皇陛下との関係はありませんでした。




松岡修造の一族はまるで華麗なる一族。松岡家やその他も親族が名の知れた家ばかり。

松岡家

松岡家はもともと地方の有力な資産家でした。

松岡修造さんの高祖父(祖父母の祖父)が実業家として成功し、財を成し東洋紡の元となる会社も子の高祖父が設立。
その息子松岡順吉氏の代で松岡汽船を創業しさらに拡大兵庫県で第5位の資産家となりました。

松岡順吉氏はこの財力をもって兵庫県選出の多額納税者議員として貴族院議員も務めた人物。

これだけでもかなりの財力と地位を築いていた松岡家ですが、
その後、阪急東宝グループの一族、小林家との縁組により、松岡家はさらなる飛躍をすることとなります。

松岡順吉氏の娘、節子は阪急東宝グループの創業者である小林一三氏の次男、辰郎を婿養子に迎えました。

そこで松岡汽船は商船三井系列と吸収合併、松岡家は阪急東宝グループに組み込まれることとなり、
家族も東宝重役を担っていくことになるのです。

祖父は第9代東宝社長。父は第11大東宝社長。兄も東宝党派会長・東宝取締役を務めています。

ちなみに、松岡修造さんの父松岡功さんは学生時代にデビスカップ日本代表に選出されたというテニスでも功績を残している方でした!

松岡修造さんがテニスの道に進んだのはお家柄、そしてお父様の影響でもあったのですね。

小林家

松岡家に次男を養子に出した小林家は松岡修造さんの曽祖父に当たる、小林一三氏が投球東宝グループの創設者。
そして宝塚歌劇団の創始者でもあります。

三村家

小林一三氏は小林家の家督を三男小林米三氏に譲ります。

しかし米三氏には子どもが居なかったので姪の貴美子を養子に迎え、貴美子は三菱グループの三村家から公平氏を婿養子にとりました。

公平氏は三菱銀行を築いた三村君平の孫にあたります。

こうして小林家と三村家がまたつながりました。

小林公平氏は宝塚歌劇団の理事も務めた人物です。
このことが原因で小林家とも大いにかかわりのある松岡家の松岡修造さんの娘が
コネ入学したのでは?という噂になりました。

烏井家

サントリーの創始者は烏井信治郎。その息子烏井吉太郎の所へ小林一三氏の次女春子さんは嫁いでいます。

どこまでも政略結婚ですね。。。。。

こうして小林家はサントリーとも親族関係となりました。

辻家

松岡修造さんのお姉さん、松岡敏子さんは辻調グループの代表と結婚しているのだそうです!

松岡修造さんは辻調グループともご親戚ということが分かりました。

阪急阪神東宝グループ、三菱グループ、サントリー、辻調グループ

これだけの有名企業とかかわりがある家柄ということに驚きます。

松岡修造、家系の資産が凄すぎる

これだけの家系で、松岡修造さんがかかわりのある一族の資産はどのくらいなのでしょう。

阪急電鉄・百貨店だけでも1兆200憶と言われています!さらに東宝で6900億円サントリー食品が1兆円。その他まだまだ
子会社や関連会社があるので・・・もう桁が違いすぎてわかりません!

とにかくすごい家系ですね。

スポンサーリンク





松岡修造さんの嫁田口恵美子さんは再婚?同姓同名の女子アナがいた!

松岡修造さんの奥様は田口恵美子さん。東京都出身1966年生まれで松岡修造さんの2歳年上です。

松岡修造さんと妻・恵美子さんの出会いは松岡修造さんが64年ぶりの快挙を成し遂げた1995年のウィンブルドン選手権の頃だと言われています。

妻の田口恵美子さんが再婚だという噂があるということで調べてみました!

すると、なんと同姓同名の女子アナウンサーが居たことが分かりました。

その方は元TBSアナウンサーの田口恵美子さん。旧姓は香川恵美子さんといって、オリックスバッファローズ2軍監督の田口壮さんの奥さまです。

こちらの田口恵美子さんは再婚されている方だったため、松岡修造さんの奥さまが再婚だと勘違いされてただけのようです。

松岡修造さん奥さんとの馴れ初めエピソードと夫妻の離婚の危機は?宝塚は妻でなく母

松岡修造さんと奥様の恵美子さんの馴れ初めは1995年のウインブルドンあたり。
そこで運命的な出会いを果たしました。

熱すぎる松岡修造さんととても冷静いな恵美子さんはぴったりだったのだそう♪

ウインブルドンから2年後、松岡修造さんはプロとして引退発表。そしてそのタイミングで
恵美子さんと結婚されています。

松岡修造さんは、妻と喧嘩をするとき『自分が悪くないのに謝れない!』と言っているそうですが

本当に仲良くなりたいとも話していて、妻との関係は“自分の人生の一番の課題”なんだそうです。

熱い松岡修造さんと共に生きている恵美子さん、どのような方なのか気になりますね!

結婚の際に、妻・恵美子さんに怪文書が送られ、悩んでいた時

松岡修造さんは「とにかく俺を信じろ!」と男らしく声をかけたことは有名です。

結婚直後に男遍歴を誹謗するような内容の怪文書がばら撒かれてしまった恵美子さん。
当時人気が高かった松岡修造さんとの結婚でご苦労されたのですね。

でもそれを男らしく守ってきた松岡修造さん。

松岡修造さんが“妻との関係は人生一番の課題”と言っているものの
本心では心から仲良くしたいと思っているとのことですので離婚騒動にはならないのではないでしょうか。

松岡修造さんの子どもは3人。

松岡修造さんと妻・恵美子さんには3人のお子さんがいます。

長女は恵さん。

長男が修さん。

次女が笑さん

3人のお子さんがまだ赤ちゃんの頃からラケットを枕元に置いていたエピソードもありましたよね。

松岡修造さんの長女宝塚に合格!身長や高校は?次女についても

名前は?

長女の名前は、松岡恵さんです。

高校はどこ?

松岡修造さんの子どもたちは、長女次女は幼稚園から日本女子大学の付属校。長男は小学校から慶応義塾大学付属校に通っていたと言われています。

ちなみに妻・田口恵美子さんも長女次女と同じ日本女子大学付属出身。
こちらは名門校だそうです。

ということは妻・恵美子さんもお嬢様だったのかもしれませんね。

宝塚に合格!

宝塚歌劇団に合格し、一躍有名になりました!

宝塚での芸名は?

芸名はまだ決まっていないようですね。

コネで入ったはデマ

一部でコネで受かったのでは?と言われていますがそれは完全なデマであることが分かっています。

次女について

次女の笑(えみ)さんについては一般人ということでお顔や詳細は明かされていません。
学校については長女の恵さんと同じ日本女子大学付属で高校まで進まれているはずですがその後のじょうほうはありませんでした。
もし芸能界に出ることなどがあれば出身校等分かってくるかもしれませんね。

松岡修造の家系は宝塚に天皇と噂の真相!嫁は田口恵美子で再婚なの?のまとめ

松岡修造さんの家系はかなりのお家柄だということが分かりました。

親族を含めると凄すぎて別世界の人という感じですね。

奥様とは2人とも初婚で離婚歴などはありませんでした。

同姓同名のアナウンサーがいたことで間違った情報が流れてしまっていたことが原因です。

日本が寒くなると松岡修造が海外へ行っている!?と言われいるほど熱い男代表のような松岡修造さん。
熱すぎるともいわれますが、その名言は面白く、実は深くて良い名言が多いです!w

これからも熱い松岡修造さんのご活躍をお祈りしています!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク