ニュース

マスクいつまで品薄?マツモトキヨシ・ドン・キホーテ/厚生労働省の情報もチェック!


コロナウイルス感染拡大の影響でいつまで品薄が続くのか…心配なのがマスクの在庫状況

今回は、いつまで品薄が続くのか分からないマスクに注目し、マツモトキヨシ・ドン・キホーテ・厚生労働省などの情報をチェックします。

  • マツモトキヨシでの入荷状況は?
  • 厚生労働省はどう対応している?

なかなか解消されないマスクの供給…。

いったいマスクの品薄状態はいつまで続くのでしょうか。

マスクはいつまで品薄状態なの?

いつまで品薄が続くのか…なかなか解消されないマスクの供給にストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。

以前のように、誰でも手に入れられるようになって欲しいものですが…。

ただ、これら問題点があるため、それはなかなか難しいといいます。

 

<マスク供給不足の理由>

【理由1、需要と供給の乱れ】

マスク製造メーカーでは、24時間体制をとるなどしてマスク増産が行われているといいます。

現在では、マスク製造メーカーだけでなく、一見マスクとは無縁と思われるようなメーカーでもマスク製造に乗り出しているのだとか。

ただ、予想以上の注文数の多さに供給が追い付いつかず、結果、満足なマスク供給ができていないのだそうです。

 

【理由2、生産国の問題】

国内マスクの生産は「7~8割は中国産」なのだそうです。

日本産のものは2~3割程度しかなく、そのほとんどが中国に頼っていました。

そのため、コロナによる中国工場閉鎖などが影響し物流にもそのしわ寄せがきているとのこと。

日本に向けのてマスクの出荷は見通しがたっていないといいます。

 

【理由3、買い占め・転売ヤーの存在】

高額転売もまた、マスクの品薄に拍車をかけています。

今では「1人(1家族)1個まで」などと購入制限がかけられているマスクですが、組織的な転売ヤーは、それを複数人で並んで買い占め高額転売という流れに…。

結果、買いたい人が買えないという結果になってしまうのです。

 

マスクはいつまで品薄なのか…という問題は、主にこのような理由からくるのだそう。

 

現段階では「マスク品薄解消」となるまでは、まだまだ先が長いのではないか…と思われ…。

 

ただ、高額転売に関しては、政府による規制・厳罰の動きがあったため「解消されるのでは」と期待されます。

 

後は、「理由1」「理由2」の問題を残すのみ。

 

このことに関し、厚生労働省はどのようにみているのでしょうか。

マスク品薄に、厚生労働省からの発表は?

厚生労働省では、このたび経済産業省・全国マスク協会と協力し、「マスクについてのお願い」というポスターを制作しました。

このポスターでは国民にこのように訴えかけています。

 

  • 「週1憶枚以上の提供を約束」
  • 「必要な分だけを買うようにと、マスク買い占めを抑制」
  • 「使い捨てマスクの代用品使用の勧め(ガーゼやタオルなど)」
  • 「こまめな手洗いなど基本予防のお願い」」

 

https://twitter.com/meti_NIPPON/status/1227504602171371520?s=20

 

国民としては「マスク供給に関するはっきりした日時」など、具体的な対策が知りたいものなのですが、どうやらそのような対策(案)はない模様。

 

このポスターに関していえば、ここに書かれているのはほぼ「お願い」のようです。

 

週1憶枚以上とはいいますが、以前も約束を守れずマスクは供給されていないまま。

 

これを信用するのは難しいですよね。

 

とりあえずは、国民生活安定緊急措置法第22条第1項に基づき「厚生労働省(厚生労働大臣)より一般家庭用マスクの製造販売事業者及び輸入事業者に売渡しを指示」している状況で、患者数の割合の大きい地域(北海道中富良野町)から優先的にマスクを配布しているといいます。

 

患者数の割合の多い北海道に優先的に…というのはいいのですが…、これって、その他の国民の手元にマスクが届く日はまだまだ先ということになるのでしょうか。

 

厚生労働省のHPを見てもあまりハッキリしたことは書かれていませんし…。

 

厚生労働省の考えることって、うまく国民に伝わってきませんよね。

 

本当に、マスクはいつまで品薄状態が続くのでしょうかね…。

マスク品薄・マツモトキヨシの入荷情報!予定は?

さて、それではマスクの品薄問題について、ドラッグストア大手のマツモトキヨシを元に調査していきましょう。

 

マツモトキヨシといってもその状況は店舗によりけりだとは思われますが、現在のマスクの入荷情報をチェック。

 

入荷予定情報のほか、在庫状況などについて調べます。

 

<マツモトキヨシ:在庫情報>

 

マツモトキヨシでは、マスクの在庫も1月初旬であればまだ十分にありました。

 

ただ、それも「日本で最初の感染者が出た」という公表とともに雲行きが怪しくなりはじめ、1月中旬以降、マスクに購入に制限がかかったといいます。

 

その後はご存知の通りで、いついっても売り切れという状態となっています。

 

<マツモトキヨシ:入荷情報>

入荷情報に関しては、どうやら「地域差と時間差」があるようです。

 

https://twitter.com/namaporoid11/status/1233188330793136130?s=20

 

https://twitter.com/nakatsuji_t/status/1235383744602628098?s=20

 

https://twitter.com/selininjapan/status/1224313146183049221?s=20

 

https://twitter.com/ky02060218/status/1233387866102722561?s=20

 

https://twitter.com/morimorib/status/1236100194342555648?s=20

 

マスク不足はどこの店舗も同じようですが、総合して見てみると、どうやら朝一で並べば何とかマスクを買えるケースが多いようです。

 

ただ、それでも長蛇の列ですので、並んだとしても必ずしも買えるという状況でもなく…。

 

同じ繁華街にあるマツモトキヨシでも、地域によっては朝から並んだとしても「買えない」こともあるとのことでした。

 

それでも、夕方あたりにフラッと入ったところ「タイミングよくあった!」なんて方もいるようですので、時間があればこまめに覗いてみるのもいいのかもしれません。

マスク品薄・マツモトキヨシでトラブル!?

タイミングよくマスクを手に入れられる人もいるとはいえど、いずれにせよ現時点ではどこも深刻なマスク不足が続いています。

 

最近では並んでいる客同士のトラブルも発生しているのだそう。

 

https://twitter.com/Apple_JpN__/status/1232244615626948617?s=20

 

https://twitter.com/tokage_to_kuma/status/1232111194955141120?s=20

 

https://twitter.com/akey2800/status/1232574600057249792?s=20

 

トラブルを起こしている人物に関しての詳細は分かっていないようですが、恐らく転売ヤー同士の争いではないとのことです。

 

日本人による争いではなく、外国人による争いが目立ってきている様子。

 

これら状況をみると、世の中が殺気立っているのが分かります。

マスク品薄・ドン・キホーテが穴場!?

マツモトキヨシだけでなく、どこのお店でもマスクが品薄であるといわれています。

 

しかし、そんな中「ドン・キホーテ」が意外にも「マスク販売の穴場」との情報が!

 

いったどういうことなのでしょうか。

 

マスクはいつまで品薄状態なのか…という基本的な問題は、ドン・キホーテも一緒。

 

ただ、ドン・キホーテに関してはTwitter上でこのような投稿がちらほら見られるんですよね。

 

 

https://twitter.com/furyokyoshix/status/1236702656837476352?s=20

 

https://twitter.com/TOMY_hi0111/status/1236938703345315840?s=20

 

https://twitter.com/saya_SYF/status/1236861361851777024?s=20

 

https://twitter.com/nyoropuri/status/1236298317052559361?s=20

 

これらを見る限り、店舗によっても違うのかもしれませんが、それでも比較的マスクが買えそうな雰囲気がしますよね。

 

中には個性的すぎてちょっと…と思われるようなデザインのマスクもありますが…、それでもマスクがある様子。

 

転売防止策なのか1点目は適正価格でも「2点目から9,999円」にしてみたりとアイデアもなかなかいいですよね。

 

時間を決めて販売する際の時間設定も「17:00~」と、朝一番ではなく夕方に設定されているのも良心的です。

 

ダメ元で訪れてみたら「マスクあった!ラッキー!」なんて方もいるようですので、ドン・キホーテの近くを通った際は、店内をちょっと散策してみてはいかがでしょうか。

マスク品薄・Twitter情報は?

マスク…、本当にいつまで品薄なのでしょうか。

その先は見えないことから、悲痛な声もあがっています。

 

https://twitter.com/JiRLE1dy2QEbEM7/status/1237222748964839424?s=20

 

朝一番で並べば購入できるチャンスもあるようですが、皆がみんな朝一番で並べるとは限りません。

 

中には諦めからか悟りからか…このような方も。

 

https://twitter.com/voy_vamos_letgo/status/1237210621155766272?s=20

 

最近では多くの方が手作りされているようですが、材料となるガーゼやマスク用のゴム紐も品薄状態とのことで、このように工夫されて作っている方もいるようです。

 

https://twitter.com/4ukrTF0h5pRLcxS/status/1234605906484027392?s=20

 

https://twitter.com/bam65bi/status/1235496270799593472?s=20

 

https://twitter.com/smile_ekubo34/status/1234240662070947841?s=20

まぁ、でも、ようやくここにきて「マスクの転売防止」が表明されました。

https://twitter.com/conDsan/status/1235528371485863936?s=20

 

つまり、マスクな品薄となる要因が1つ消えたわけです。

これをきっかけにマスクの品薄状態が少しでも緩和されることを切に願います。

マスク品薄いつまで?のまとめ

マツモトキヨシのマスクは品薄でしたが、朝一番に並べば手に入れられることもあるということでした。

ただ、それでもなかなか手には入れづらいらしいということです。

そんな中、ドン・キホーテでは比較的手に入れやすいとのこと。

近くに行った際は、ダメ元でも立ち寄ってみる価値ありとしました。

厚生労働省では、マスク問題に関しポスター制作と北海道へのマスク優先配布が表明されました。