映画

約束のネバーランド(映画)ネタバレ!結末も原作と同じ?


2020年の12月に公開が予定されている「約束のネバーランド」の実写映画。

今回は気になるキャスト、映画ならではの結末、ネタバレなどをお届けしちゃいます!

主要キャストをだれが演じるかなど気になりますよね。

さらに「約束のネバーランド」には原作はあるのか、あるとしたら原作はどのような話なのか、原作の結末などについてまとめてみました!

内容にはネタバレを含んでいますので、苦手な方はご注意ください。

約束のネバーランド(映画)のキャスト一覧!

まずは「約束のネバーランド」の実写映画の気になるキャストをご紹介します!

ネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

エマ/浜辺美波

本作の主人公で最年長組の一人。

運動能力が高く、年下の子供たちからも好かれている。

ある日孤児院の仲間であるコニーと別れた日にコニーの忘れ物である「リトルバーニー」を届けるためノーマンと行ってはならない門に近づき鬼のことを知る。

そして自分たちが住んでいる孤児院の秘密、ママであるイザベラの秘密を知ってしまった。

レイ/城桧吏

https://twitter.com/yakuneba_staff/status/1208620991775006720

最年長組の一人。

孤児院に住む子供たち全員の脱出を希望するエマと違い、赤ん坊や幼い子供たちは置いて行けというほどの現実主義者。

実は生まれたころから孤児院の秘密、イザベラの秘密を知っており、イザベラが実の母である記憶も持っている。

ノーマン/板垣李光人

年長者組の一人。

理性的でリーダー格であり、エマ、レイと共に脱獄を試みるも、脱獄する寸前に出荷が決まり、エマたちと引き離されてしまう。

出荷前に里親が現れ、鬼に献上されることなく別の農園へと移される。

イサベラ/北川景子

孤児院にいる子供たちの理想的なママ。

冷酷無慈悲で、鬼の手下という二面性を併せ持つ。

クローネ/渡辺直美

イザベラの手下のシスター。

エマたちに色々と助言をし、ママの座を狙っている。

 

現時点で分かっているキャストはこちらの5名となっています。

原作のどこの部分まで映画になるのか楽しみですね。

他にも孤児院に住む子供たちのキャストも随時公開されるはずですので、そちらのキャストはわかり次第追記していきます!

約束のネバーランド(映画)のネタバレ!結末も

約束のネバーランドは原作がまだ続いてます。

そのため、映画のほうの結末はオリジナル展開になるか、途中で切る形になるのではないでしょうか。

その前に「約束のネバーランド」とはいったいどんな作品なのか、あらすじを簡単にご説明しますね。

ネタバレを大いに含んでいるためご注意ください。

あらすじ

様々な年齢の孤児が住む『グレイス=フィールドハウス』

11歳のエマ、レイ、ノーマンはハウスの中の最年長組で、毎日行われるスコアでは上位の成績をたたき出していた。

ある日、同じ孤児であるコニーの里親が見つかり離れ離れになってしまう。

その時コニーは大事にしていたぬいぐるみ「リトルバーニー」を忘れていってしまい、届けようとしてエマとノーマンは母であるイザベラに絶対に近づいてはいけないといわれていた門に近づいてしまう。

そこで見たのは異形の者、鬼。

その鬼たちは人間を食用にしており、孤児院を出たコニーが次の食用であることを目の当たりにしてしまう。

そして自分たちが母のように慕っていたイザベラはそんな鬼たちの手下で、自分たちが住むこの孤児院は鬼の食用になる子どもたちを育てるためのハウスであることを知った。

エマたちは鬼に食われる前に孤児院の脱獄を思いつき、様々な手を尽くしながら孤児院を脱出する計画をたてる。

 

あらすじを見ただけでもかなり怖い設定ですね。

鬼に食われるために育てられる子供たち。

親がいない孤児だからこそできることでもありますね。

原作は2020年3月時点ではまだ連載しており、結末は出ていません。

そのため実写映画のほうはどこまで描くかは不明です。

原作では無事に脱出に成功、孤児院に残された幼い子どもたちや脱出後のエマたちの様子も描かれています。

映画の結末で考えれば脱出までかな、と思いますがここら辺はまだ情報が出ていません。

二部作などになるという情報もないため、かなり詰め込まれた内容になるかもしれません。

結末に関しては完成した映画を見ないとわかりませんね。

結末などの情報はわかり次第追記していきます!

約束のネバーランド(映画)の原作は?

約束のネバーランドは原作があります。

2016年から週刊少年ジャンプにて連載が始まった白井カイウ原作、出水ぽすか作画による脱獄サスペンス漫画です。

2019年1月にはアニメ化も果たされ、2期も決定しています。

孤児院で育てられた子供たちは外の世界を知らず、決まった年齢になると外の世界に『出荷』され、そこで鬼に献上される、という衝撃的なストーリーが話題になりました。

2018年の「この漫画がすごい!オトコ編」で見事に1位をとった作品でもあります。

これまでのジャンプのイメージであった友情や仲間といったイメージを裏切り、逆境に立ち向かっていく少年少女たちを描いている作品でもあります。

約束のネバーランド(映画)の実写化に批判も!?

約束のネバーランドは連載当初から人気の高い作品でもあります。

そのため、実写化には批判の声もありました。

一番批判が相次いだ理由はキャラクターの年齢です。

主人公であるエマ、レイ、ノーマンという重要キャラクターの年齢が原作では12歳ですが、実写では16歳にひきあがっています。

年齢という設定は約束のネバーランド内ではかなり重要な役割を果たします。

食用として孤児院で育てられたエマたちは12歳になると孤児院を出て、外の世界へ出されます。

そこで鬼という存在を知り、その鬼に食べられる、という設定なんです。

絶対に12歳というわけではなく、6~12歳の年齢に達した子供たちが出荷対象のようです。

そのため鬼が一番おいしく子どもたちを食べる年齢として12歳が目安となっており、16歳では世界観が壊れるといった批判的な意見が多数上がっていました。

12歳という年齢は鬼たちの食べる『脳』が最も成熟している時期なんだそうです。

さらに孤児院の中にいる「ママ」の存在もかなり大きいです。

12歳という年齢と16歳では母と慕う「ママ」への信頼度がかなり違ってきますし、脱獄がメインの話なだけあって12歳というまだ世界を知らない子どもと16歳という達観している年齢の違いもあって、年齢への批判はすごいようです。

年齢を引き上げた理由について「深みのあるキャラクターを演じることができる俳優が集まり、これ以上ないキャスティングになった」ともいわれています。

キャストも主人公のエマを演じる浜辺美波さんは19歳、ノーマンを演じる板垣李光人さんは17歳と12歳を演じるには厳しい年齢ではあります。

原作者である白井カイウ氏は大丈夫だと太鼓判を押しています。

いったいどんな映画に仕上がっているのかちょっとわくわくしますね。

約束のネバーランド(映画)の世界観や見どころは?

約束のネバーランドの舞台となるのはグレイス=フィールドという架空の孤児院。

孤児の数は38人と多いですが、メインで動くキャラクターは少ないです。

脱獄が成功すると、今度はエマたちがいたハウス以外のキャラクターが登場し、中には鬼も出てきます。

ここら辺からは原作を読むとよりいっそ楽しめそうです。

ネタバレも多くなってきそうですしね。

そんな約束のネバーランドの見どころはなんといっても脱出シーンです!

ママ、イザベラとの頭脳を駆使したやり取り、途中から参入してくるシスター、クローネ。

大人vs子どもという図式ですが、これがどうひっくり返されるのかとても見ごたえがあるものではないでしょうか。

おそらく実写映画でもこのあたりをやってくれるはずです。

クローネ役が発表されていますからね、追いかけっこシーンなどがちょっと楽しみです。

約束のネバーランド(映画)の概要

現時点で分かっている約束のネバーランドの概要です。

タイトル 約束のネバーランド
公開日 2020年12月18日
監督 平川雄一郎
脚本家 後藤法子
プロデュース 村瀬健

公開日はすでに発表されています。

監督は映画「ツナグ」「僕だけがいない町」の平川雄一郎監督。

脚本家は「神様のカルテ」「僕だけがいない町」の後藤法子さん。

演出は「帝一の國」「信長協奏曲」の村瀬健さんプロデュースです。

すでに撮影は終わっており、あとは公開を待つのみとなっています!

撮影は2019年夏ごろだそうで、かなり早い段階に撮影されていたんですね。

約束のネバーランド(映画)に期待の声は?

ネットでの実写映画への声をまとめてみました。

https://twitter.com/amuteroool/status/1233678439120375809

https://twitter.com/fruitflavour/status/1236857662358179840

話題はイザベラ役の北川景子さんとクローネ役の渡辺直美さんへの期待の声が多いようです。

発表当初は年齢設定への批判がありましたが、重要なカギを握るイザベラとクローネがどんな演技をしてくれるのかかなり期待が上がります!

期待の声の中にもネタバレが含まれていますので、気になる人は気を付けながら見たほうがよさそうです。

まとめ

約束のネバーランドの実写映画についていかがでしたか。

年齢設定が原作とは異なりますが、16歳になったエマたちがどんな行動をとるのか、イザベラたちとの駆け引きも楽しみです。

ネタバレになりますので、気になった人はぜひ原作を読んでみてください!!

原作はまだ終わっていないため、映画、原作共に結末は不明です。

映画ならでは結末も期待ですね。