スポーツ選手

菊池涼介メジャー無理?年俸推移と2019,2020もまとめてチェック!


ポスティングによるメジャー挑戦を表明した広島カープ・菊池涼介選手。

そんな菊池涼介選手の年俸推移、2019・2020の年俸は?

また、メジャーでの活躍について「通用する?それとも無理?」なんて予想も!

今までの年俸推移、2019・2020の年俸と共に、無理ではないかといわれるメジャー挑戦についてまとめてチェックしちゃいましょう!

菊池涼介のwikiプロフィール

菊池涼介(きくちりょうすけ)

出身地:東京都東大和市

生年月日:1990年3月11日(29歳)

身長:171cm

体重:72kg

投球・打席:右投右打

所属チーム:広島東洋カープ

菊池涼介はメジャー無理?通用する?メジャースカウトの評価って?

「野球をやっている以上はトップレベルでやりたい」

 

菊池涼介選手がメジャー挑戦を表明した理由にはそんな熱い想いがあったといいます。

 

しかし、通用するかどうかはまた別問題。

 

はたして、メジャースカウトからの評価はどのようなものなのでしょうか。

 

米メディア『CBSスポーツ』では、菊池涼介選手の能力についてこのように評価します。

 

「二塁手としてダイナミックな守備を見せるが、パンチ力のある攻撃はない」

(引用元:https://www.baseballchannel.jp/npb/74283/)

 

決して無理だとは言っていませんが、「評価しているような?していないような?」…なんともいえない表現ですよね。

 

しかしながら、その比較対象として挙げたのは華麗な守備力に定評のあるホセ・イグレシアス内野手(シンシナティ・レッズからFA)でした。

 

これはこれで、それなりに評価してくれているのかもしれませんね。

 

また、別メディア(フォーブス)では、

「菊池を見たスカウトは、すぐにメジャーリーグのゴールドグラブ賞候補になると信じている」と紹介。しかしその反面、攻撃力が課題で、一部のスカウトは「メジャーの投手が圧倒するだろう」

(引用元:https://www.baseballchannel.jp/npb/74283/)

と伝えています。

 

「このままではメジャーでは通用しない!無理だ!」とまではいわないものの、菊池涼介選手については、どこのメディアも共通して「守備力は良いが攻撃力が課題」だといいます。

 

この課題をどうクリアするか…、菊池涼介選手のメジャー活躍もそれ次第なのかもしれません。

 

ただ、メジャーの中にもチーム事情というのがあるそうで…。

 

守備力の弱いチームには、打撃力はなくとも菊池涼介選手のような守備力を強みに持つ選手は重宝されるだといいます。

 

日本人選手を評価しているチームもあることから、マッチングさえうまくいけば、メジャーでもかなり活躍してくれるのではないでしょうか。

菊池涼介のプレースタイルと特徴

菊池涼介選手の特徴といえば、何といってもその守備力の高さ。

 

上記しましたが、その腕前は米メディアからも高く評価されるほどのものを持っています。

 

特にセカンドベースでの守備力に関しては天下一品!

 

日本最高といっても過言ではありません。

 

とにかく守備範囲が広く、他の選手では絶対届かないであろう場所にまで俊敏に追いつき球を拾います。

 

決してエラー数が少ないというわけではありませんが、それでもその華麗なテクニックはファンだけでなくプロさえも魅了させてしまうほどで、ホントにすごい!

 

6年連続「ゴールデングラブ賞」獲得も頷けるというものです(2013年~2018年)。

 

一方、打撃力ですが…。

 

打撃力に関しては決して悪いわけではないのですが、守備力に比べると少々落ちてしまいます。

 

スイングも力強く、ホームランを打つ力も十分持っている…とは言われるものの、打撃成績の良し悪しに波があるのが欠点。

 

今年良い成績をあげたかと思えば、翌年は落ち込んだりと…ちょっと浮き沈みが激しい傾向にあるようです。

 

まぁ、そうはいっても、コンスタントに長打が打てたり、ここぞという大舞台でホームランを打つなどという活躍もよく見せてくれる選手。

 

安定した成績を出せるようになれば評価もまた変わるのではないでしょうか。

 

メジャーへと移籍したときに、全てがうまく出せることを期待したいです。

菊池涼介の年俸2018、2019は?

菊池涼介選手の2018年度と2019年度の年俸推移はこのようになっています。

 

2019年 : 2億4000万円

2018年 : 1億9000万円

 

2018年で1憶、2019年で2憶…一般人からするとなんとも高額な年俸ですね。

 

驚くことに菊池涼介選手、年俸が一度も下がったことがないのだそうですっよ。

 

2018・2019でこの結果だと、今後どうなっていってしまうのでしょうか。

 

上がり続けた結果、最終的にはいくらになるのか…もう想像もつきません。

菊池涼介の年俸推移

菊池涼介選手の年俸推移はこのようになっています。

 

年 度 推定年俸
2017年 1億4,500万円
2016年 8,500万円
2015年 8,500万円
2014年 3,900万円
2013年 1,500万円
2012年 1,000万円

 

年と共に上がっていく…すごい年俸推移ですよね。

 

これだけの短期間で憶までいくのですから、菊池涼介選手、ただものではありません!

菊池涼介の年俸2020予想は?

菊池涼介選手の下がり知らずの年俸推移…もうすごいことになっていますよね。

 

入団時(2012年)から比べると、現在はその24倍の2億4000万円…、果たしてこの年俸が2020年にはどうなってしまうのでしょうか。

 

実は菊池涼介選手のこの年俸、広島東洋カープでは異例の上がり方なのだそうです。

 

貧乏球団といわれる広島東洋カープでは、なかなか年俸が上がらないのが常。

 

こんな年俸推移を叩きだす選手はそうそういないのだそうです。

 

しかし、菊池涼介選手はその常識を覆し、入団6年目にして1億円を優に超えてしまいました。

 

恐らく…、これは菊池涼介選手の「高い守備力」という安定した強みに対する対価であろうかと。

 

そのため、このまま日本にいて日本の球団でプレーするのであれば、年俸はこのまま上がり続けていくことが予想できます。

 

しかし、2020年にメジャーに行くとなれば話は別。

 

なぜなら、彼の強みが「守備」であるから。

 

打撃戦の多い現在のメジャーでは、守備力よりも打撃力を重視する傾向にあります。

 

守備力も当然必要ですが、それ以上に打撃力を重視するので、打撃力にパンチのない菊池涼介選手はメジャーからの評価は低めと予想。

 

そう考えると、どうしても年俸に影響が出るわけで…。

 

よって、2020年以降、年俸はこれ以上あがらないと予想されます。

 

前例としては、守備力に定評のあった新庄剛志選手が2800万円ダウン→5000万円で契約成立となりました。

 

打撃力の弱い選手には、残念ながらこれが現状のようです。

 

2020年、菊池涼介選手の年俸はいったいどうなるのでしょうか。

広島カープの年俸ランキング

広島カープの年俸ランキングでは、1位がジョンソン選手。

菊池涼介選手は2位という結果になっています。

 

  • ジョンソン → 3憶2,700万円
  • 菊池 涼介 → 2憶4,000万円
  • 長野 久義 → 2憶2,000万円
  • 田中 広輔 → 1憶8,000万円
  • 鈴木 誠也 → 1憶6,000万円
  • 中崎 翔太 → 1憶6,000万円
  • 大瀬良大地 → 1憶4,500万円
  • 野村 祐輔 → 1憶2,000万円
  • 松山 竜平 → 1憶円

10.ヘルウェグ → 1憶円

菊池涼介の成績

菊池涼介選手は、これまで通算1117安打、打率.272、85本塁打、379打点、107盗塁をマークする成績を収めています。

 

以下、各年の成績になります。

 

2019年 137(安打) 12(本塁打) 47(打点) .270(打点)

2018年 130(安打) 13(本塁打) 60(打点) .233(打点)

2017年 153(安打) 14(本塁打) 56(打点) .271(打点)

2016年 181(安打) 13(本塁打) 56(打点) .315(打点)

2015年 143(安打)  8(本塁打) 32(打点) .254(打点)

2014年 188(安打) 11(本塁打) 58(打点) .325(打点)

2013年 133(安打) 11(本塁打) 57(打点) .247(打点)

2012年  46(安打)  2(本塁打) 12(打点) .229(打点)

菊池涼介のプロフィール

https://www.instagram.com/p/B4pWWBphryN/?utm_source=ig_web_copy_link

 

名  前 菊池涼介(きくちりょうすけ)
出身高校 武蔵工業大学第二高等学校
出身大学 中京学院大学
ポジション 二塁手
プロ入り 2011年(ドラフト2位)
初出場 2012年6月30日
受賞歴 ゴールデングラブ賞(2013年~2018年、6年連続)

2016年最多安打

2017年WBC代表

菊池涼介にファンの反応は?

菊池涼介選手のメジャー挑戦については、カープファン・野球ファン共にいろいろな意見があるようです。

 

【肯定派】

「通用するかどうかはおいといて、とりあえず挑戦してみればいい」

「守備はいいのだから、打率を上げることにこだわればいいんじゃない?」

「あの守備力があれば大丈夫!行けば絶対化けるはず!」

 

【否定派】

「守備がいいといっても、あれぐらいならメジャーにだってたくさんいる」

「あれぐらいの成績じゃぁ、メジャーでは通用しない、無理だと思うけど…」

「今のままメジャーに行っても、厳しい現実が待っているだけじゃないかな」

 

ファンの意見について調べてみたところ「肯定派が多いのでは?」と思っていたら、意外と「否定派も多かったな」…という印象でした。

 

ただ、否定派と思われる意見の中には無理と言いつつも「それでも頑張ってほしい」と付け加えられているものが多かったです。

 

ファンの皆さん…なんだかんだ言いつつも、菊池涼介選手を応援している印象。

 

どこの球団が手を挙げてくれるかはまだ分かりませんが、今後の動向に注目です!

まとめ

無理なのではないかともいわれている菊池涼介選手のメジャー挑戦。

周囲からの意見は賛否両論ありましたが、ファンは皆、応援している様子でしたね。

 

2019・2020年を含めた年俸推移について。

下がり知らずの菊池涼介選手の年俸は上がり続けていました。

ただ、それもメジャーに行くことで様変わりしてしまうのではと予想…年俸ダウンも考えられます。

 

はたして、菊池涼介選手のメジャー挑戦は今後どのような展開となるのでしょうか。