ニュース

台風で買っておくものはこれ!食べ物・備え・準備を詳しくまとめ


過去最大級の台風が接近しています!

台風の影響でライフラインに影響があるとき、買っておくものと言えば?食べ物、備え、字準備も必要です。

今回は台風の時、買っておくもの(食べ物)を中心に対策やスーパーで売り切れやすいものもまとめました!

参考にどうぞ。

台風で買っておくもの|スーパーでなくなる食べ物は?

台風直撃!電気、水道、ガスが何日も止まってしまったら、、、

もうどうしようもないですよね。

事前に買っておくべきもの、売り切れてしまいがちなものをご紹介します!

まず、何においても大切なのは水。ですよね。

水道が止まってしまったらもう料理もお手洗いも何もできません。

スーパーでも災害時に一番最初に無くなるのはです。

台風の前日に行くともう無くなっていることもしばしば。

もし断水しなくて使わなかったとしても保存しておけばいいしいつでも使えるのも売り切れになるポイントのようです。

水が売切れたら次はお茶になるようですがお茶であれば比較的手に入りやすいようです。

 

カップラーメン、レトルト商品

食べ物の中ではまずはカップラーメンでしょう。

お湯さえあれば作れるので一番簡単ですよね。

まずはカップラーメンが売切れて、その後インスタントで作れる袋に入っているラーメンが売切れやすいようです。

ちょっとお値段が高いカップ麺は比較的残りやすい傾向があるので今回以外でも食べたいものを選ぶと良さそうですね。

カップラーメンはスーパー以外でもコンビニにもたくさん置いているのでコンビニで手に入れるというのも方法の一つ。

みんなまずはスーパーで一気に買い物を済ませようと思う人が多いようです。

カップ麺水の量レンジでは?水で作る方法を警視庁も試してた!カップ麺をレンジで作ろうと思ったことはありませんか? その時水の量は同じなのでしょうか。 さらにカップ麺は水でもできると警視...

パン

カップラーメンよりも手軽なのがパン。

それほど日持ちがしないのであまり多く買ってしまって残るともったいないですが、パンは全てのライフラインが止まってしまったときにも食べられるのであると安心感があります。

食パンであれば残ったら冷凍しておけばいいので食パンとサンドイッチの具になるような缶詰を買っておくのも一つの手です。

火を通さずに美味しくご飯が食べられる手段は必要ですね。

 

チンできるご飯

チンできるレトルトご飯も災害時には売り切れやすい商品です。

こちらも何事もなく過ぎたとしても食べられるし次の機会まで保存しておけるのが良いですよね。

以前は美味しくない印象だったご飯もだんだんと美味しくなってきているのでご飯とレトルトのカレーがあれば美味しいご飯が食べられますね♪

お菓子類

お菓子もまた災害時には売り切れやすくなります。

スナック菓子もいつも食べるもの、災害時でなくても食べたいものから買っていく人が多いようです。

あとは少しでもご飯代わりになりそうなおせんべいやビスケットも子供用にと買う人が多いとか。

シリアル、コーンフレーク

手軽で栄養も取れるものと言えばシリアルですね。

子供でも食べやすいのと温めたり冷たくしたりしなくても美味しいし、残っても朝ごはんで食べればよいので買っておく人も多いです。

缶詰

非常食と言えば缶詰が思い浮かびますが、台風前にスーパーへ行ってみると案外缶詰は残っていました。

インスタント系の物の方が人気があるのでしょうか。

缶詰はかなり日持ちするのでもし使わなくてもずっと先まで非常食として取っておけるので買っておいても良い食品でしょう。

子供はお腹が空くのを我慢できないのでしのぐためにもお菓子類は必須かもしれません。

台風で買っておくもの|備えておきたいものは?

台風で買っておきたいもの、まずは食料と水。ですが、もしライフラインが止まってしまったとき、他にもあれがあれば!と思うものは沢山あります。

懐中電灯

台風の際は都会でも関係なく大規模停電が起きる可能性があります。

暗くなってしまうと気分も落ち込み、携帯の電気を使えば電池は消耗してしまいます。

懐中電灯も電池、手動、ソーラーなど色々あるのでいろんなタイプがあると良いです。

 

 

 

水はためておく

まず、水は一番大切なのでお風呂には満タンに水をためておいた方が良いでしょう。

トイレも水があれば流せますが、無いと流せず本当に大変なことになってしまいます。。

お風呂以外でも貯めておける物には片っ端からためておくと安心ですね。

飲み水だけはペットボトルで確保してそれ以外の生活用水ということで用意しましょう。

 

料理できるもの

近くのスーパーではガスコンロは売り切れていました。

ガスコンロは災害時だけでなく日常的に使えるということもあるでしょう。ガスコンロとガスボンベをセットで用意しておけばひとまずの料理はできます。

情報収集するもの

電気が止まるとテレビを見ることは出来ません。そうなるとスマホやラジオが頼りになります。

スマホも充電が無くなってしまうと使えないので充電は満タンに。できれば携帯式の充電器もあると安心ですね。

ラジオ付きの電気もあります。一つあると安心なので買っておくと心強いです。

 

 

暑さ対策と寒さ対策

暑い時期には保冷剤を多めに用意しましょう。

ペットボトルを冷凍しても保冷剤の代わりになりますし、少し溶ければ冷たい飲み物になって良いですね。

寒い時期には温かい布団類やどうしても耐えられないほどの寒さの時期にはやっぱり寝袋です。

人数分あるかどうかチェックしておきたいですね。

保健用品

お子さんがいる方はオムツ!これは無いとどうにもなりません。水も少ないとなると本当に大変なのでオムツとおしりふきは多めに用意しておきましょう。

生理用品や携帯トイレも非常用に備えておきましょう。

トイレットペーパーやティッシュペーパー、ウエットティッシュも多めにあると安心です。

やっぱり水を一番使うのはトイレ。水を沢山用意できればいいのですが、それができないときには簡易トイレがあると心強いです。

その他

懐中電灯、毛布、缶切りなど

 

まとめ

台風直撃となると気が倒れたり、大規模な停電になったり、あちこちで何が起こるか予想できません。

台風が良く来る九州や沖縄の人たちは対策をよく知っていて、3日くらいは外出しなくても過ごせるように日常的に備えをしているそうです!

台風通過、何事もなく過ごせるのが一番ですが、万が一に備えた対策はしておきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。