ドラマ

【同期のサクラ】ネタバレあらすじ原作は?最終回ラスト結末も詳しくチェック!


2019年10月から放送開始の「同期のサクラ」

同期のサクラには原作はあるのでしょうか?

ドラマのあらすじ、原作のあらすじを先取りしちゃいましょう!

ただ原作などのネタバレを多いに含んでいるため、ネタバレには十分にご注意ください。

同期のサクラ(ドラマ)原作はある?

https://twitter.com/douki_sakura/status/1168992160311627786

同期のサクラの原作はあるのでしょうか?

調べてみたところ、原作のないオリジナルストーリーのようです!

脚本家は「家政婦のミタ」「過保護のカホコ」などの脚本家、湯川和彦さんの脚本です!

同期のサクラは一年で一話ずつ話が進んでいくそうです。

物語は10年で1年1話、かなり内容が詰まったドラマになるのではないでしょうか。

原作のないドラマですので、どんな展開になるんでしょうね。

物語は10年という月日を人はどう変わるのか、というのをコンセプトにしているようです。

主演の高畑充希さんは「過保護のカホコ」で主人公を演じましたので、今回は久しぶりの湯川脚本とのタッグですね!

どのようなドラマになるのか楽しみですね。

同期のサクラ(ドラマ)のあらすじをネタバレ!最終回ラスト結末予想は?

同期のサクラは原作のないドラマですが、あらすじはどんな感じなのでしょうか?

あらすじのネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

あらすじ

2009年春。

スーパーゼネコンの大手会社「花村建設」

精鋭たちが集る大手企業の入社式で、一人だけ異彩を放つ芋臭い新人社員がいた-名前はサクラ。

彼女は「故郷の島に橋をかける」という夢を語ってはばからない。

しかしサクラは新人研修で「どうしても自分を貫いた」ということで運命が変わってしまった。

その新人研修でサクラは横暴な態度をとる社長にたてついてしまったのだ!

サクラの「忖度できない」性格が後々災いを巻き起こすのだった。

どんなことにも真正面に向き合う。

それが今を生きるということだから!

出会ったときはかかわりたくないと思ったが、「夢」のために自分を貫くことを教えてくれたサクラ。

そしてサクラが夢や愛する人を失い、絶望の淵に落ちたとき、同期たちが助けてくれる!

 

あらすじはこんな感じだそうです。

あらすじを見る限り、今の時代に大事な「自分を貫く」ことをテーマにしたドラマのようですね。

真っ直ぐに夢にひたむきに向き合う、という役柄は高畑充希さんにぴったりですね。

過保護のカホコのドラマチームが制作にかかわっているようですので、これは面白いドラマになりそうですね!

同期のサクラ(ドラマ)のキャスト一覧!竹内涼真が出る?

同期のサクラのキャストをご紹介します!

キャストは現時点で分かっている範囲でのご紹介です。

ネタバレを含んでいますので、キャストのネタバレが嫌な方はご注意ください。

北野サクラ/高畑充希

大手ゼネコン「花村建設」の社員。

夢は故郷と本土に橋を架けることで、どんな困難が降りかかっても自分を曲げない信念が強い。

月村百合/橋本愛

大手ゼネコン「花村建設」の社員。

サクラとは同期で、入社後の配属まで新人研修で同じグループになった5人のうちの1人。

自分の夢に真摯で、常に自分の居場所を探している。

木島葵/新田真剣祐

大手ゼネコン「花村建設」の社員。

サクラと同期で入社後の配属先が決まるまでの新人研修グループの5人のうちの1人。

新人写真であるにもかかわらず「花村建設」の社長の座を狙っている野心家。

土井蓮太郎/岡山天音

※写真の右側

大手ゼネコン「花村建設」の社員。

サクラと同期で入社後の配属先が決まるまでの新人研修の5人グループのうちの1人。

何事にもコツコツ取り組む努力家だが、前向きに物事を考えられない。

清水菊夫/竜星涼

※写真の左側

大手ゼネコン「花村建設」の社員。

サクラと同期で入社後の配属先が決まるまでの新人研修グループの5人のうちの1人。

熊本県出身で、熱い性格だがサクラのように明確な夢は持っていない。

火野すみれ/相武紗季

大手ゼネコン「花村建設」の人事部勤務。

サクラたちの新人研修の担当。

サクラとは10歳離れており、働く母としても奮闘している。

黒川森雄/椎名桔平

大手ゼネコン「花村建設」の人事部長。

3週間、サクラたち新人社員に新しい配属先が決まるまで預かり、それぞれの配属先を決める重要な役割を担う。

今後10年間、サクラの上司として重要な役割を果たす。

 

よく見てみるとみんな名前に植物の名前が入っているようですね。

主演は高畑充希さんですが、過保護のカホコでの相手役、竹内涼真さんは現時点では出演しないようです。

脚本家が湯川さんですので、出演する可能性はあるかもしれませんね!

そうなると嬉しいですね。

またキャストは追加され次第追記していきます。

同期のサクラ(ドラマ)に高畑充希のコメントは?

今回、同期のサクラで主演を務める高畑充希さんのコメントをご紹介します。

今回は、私が演じるサクラという主人公の10年間を、1年で1話ずつ描いていくオリジナル脚本のドラマになります。「生まれ育った離島に橋を架けたい!」という夢だけをもって、東京の大手建設会社に就職をするのですが、同期全員が何か「強い想い」を抱いて仕事をするものだと思い込んで上京してきたのに、実は全くみんな違っていて、サクラは驚き、戸惑います。

でもサクラは、どんなことがあっても忖度しません。サクラという女性は、ひたすら変わりません。変わることのほうが簡単な環境のなかで、10年間変わらない、ひとりの姿を描きます。

「変わっていくことが大人になること」って言われがちですが、「大人になるって何なんだろう?」、「変わらないって何だろう?」「変わるって何だろう?」というのを繊細に描いていければと思っています。

今回は、「過保護のカホコ」でご一緒した信頼できる方々と、またご一緒させて頂くことが出来て大変光栄です。よく知っているチームの皆さんとやるからこそ、新たに「飛び込んでいく勇気」をもって、ドラマを作っていけたらいいなと思います。

私にとってもサクラは、新しい挑戦の連続になると思うので、不安も恐怖もありますが、みんなで絶対に面白い作品にしようという気持ち満々で取り組んでおりますので、ぜひ楽しみにしていただければ嬉しいです。

引用URL:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

10年間経ってもサクラは変わらない、というのを見せてくれるドラマになっています。

変わることの大きさ、変わらないすごさ、様々な疑問を描いた今作を過保護のカホコチームと一緒に高畑充希さんが作り上げてくれます。

どんなドラマになっていくのか楽しみですね!

同期のサクラ(ドラマ)の脚本とスタッフ

同期のサクラのスタッフご紹介です。

脚本家 遊川和彦
プロデューサー 大平大、田上リサ
チーフプロデューサー 西憲彦
演出 明石広人、南雲聖一
制作協力 AT-ON
制作著作 日本テレビ

湯川脚本家ですので、どんな展開になっていくのか楽しみですね。

同期のサクラ(ドラマ)の主題歌は?

同期のサクラの主題歌は現時点ではまだわかっていません

放送日も近づいていますし、かなりギリギリに発表されるのかもしれませんね。

主題歌は分かり次第追記していきます。

同期のサクラ(ドラマ)放送日は?

同期のサクラの放送開始日すでに決定しています。

  • 初回放送 10月9日
  • 毎週水曜日
  • 日本テレビ系列
  • 時間   22時~

前枠は偽装不倫の枠でした。

まとめ

同期のサクラは10月9日より日本テレビ系列にて放送開始です。

あらすじを見る限り、かなり面白そうですね!

原作がありませんので、各1話ごとのあらすじがどんな風になっていくのかは今後ドラマを見てからのお楽しみになってきます。

同期のサクラの追加情報は分かり次第いろいろと追記していきます。

その際ネタバレを含んでいます故、ネタバレが嫌な方はご注意くださいね。

ドラマまでもう少しですね!