ニュース

電子マネーとは?わかりやすく種類や仕組みを徹底解説!


最近何かと耳にする電子マネーとは、どんな仕組みなんでしょうか。

電子マネーとはなにか、種類はどれくらいあるのか、どんな仕組みになっているのかなど、わかりやすく解説していきます!

種類や仕組み以外にも、電子マネーの魅力についてもわかりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

電子マネーランキング最新!スマホiphone比較おススメまとめ情報

電子マネーとはなに?

電子マネーとは現金を使わずに支払いができる便利な「お金」のことを言います。

Suicaなどのカードタイプもあれば、Edyなどのスマホにアプリを入れてお金をチャージして使用するやり方などを示します。

カードがない電子マネーのEdyなどは日本では「お財布携帯」とも呼ばれていました。

仕組みはとても簡単ですね。

わかりやすくいえば、現金をスマホや専用のカードにあらかじめ入れておくだけでいいので、コンビニなどに行きたい場合などにとても便利なんです。

電子マネーとは便利なの?

電子マネーはお金に比べてスマホや専用のカードが必要になってきます。

基本的にはチャージと言ってあらかじめ必要な金額を電子マネーに入れておくことで、使用可能となっています。

電子マネーを利用すればお財布を持ち歩く心配もなくクレジットカードと連動しておけば支払いも一括でできるため、管理しやすいというメリットがあります。

さらに会計時に細かいお金を探して手間取る、ということもなく、スマートに買い物が可能なのです。

少額から利用できますので、コンビニやスーパーでちょっとだけの買い物にも便利です。

電子マネーとはどうやって作るの?

電子マネーとは専用のカードやスマホがあれば使えます。

専用のカードはSuicaなどの交通機関に使えるもの、スマホはEdyやペイ系などです。

どちらも仕組みは簡単ですし、わかりやすくなっています。

SuicaなどはJRにいけば購入可能で、ペイ系などは無料でダウンロードできますので、使いたい電子マネーを選びスマホにアプリをダウンロードするだけでいいです。

電子マネーとは種類や仕組みはどんな感じ?

電子マネーとはいくつかの種類が出ているもので、解説しながらわかりやすく説明しますね。

まずは専用のカードでタッチ式の電子マネーから解説付きでわかりやすくご紹介します。

交通系電子マネー 商業系電子マネー
Suica 楽天Edy
PASOM WAON
ICOCA nanaco
PiTaPa iD
TOICA QUICPay
Kitaca
SUGOCA

タッチ式の電子マネーはこちらになります。

交通系は全国どこでも使えますが、主に都道府県ごとに発行されています。

種類も豊富ですが、仕組みはどれも同じです。

iDとQUICPayはカードではなくスマホからタッチする電子マネーとなっています。

さらにiDとQUICPayは後払いなので、最初の段階でチャージをしておく必要はありません。

これなら残高不足で購入できなかった、交通機関に乗れなかった、などはありませんね。

交通系電子マネーは前払いですので、使い過ぎ防止にもなります。

ただ交通系電子マネー以外では交通機関に乗ることはできませんので、注意してくださいね。

電子マネーによってチャージの仕組みは違いますので、そこは覚えておきましょう。

Suicaなどの交通系電子マネーはモバイル版もあり、スマホにアプリをダウンロードして使う方法もあります。

これなら駅などでチャージする必要がなく、携帯料金とまとめて払えたり、クレジットカードとまとめて払えます。

難しい仕組みではないので、覚えやすいかもしれませんね。

電子マネーとはメリットやデメリットがある?

電子マネーのメリットデメリットについてわかりやすくご紹介していきます。

メリット デメリット
圧倒的な速さ 盗まれるリスク
ポイントが貯まる お金は戻ってこない
現金を持ち歩かなくていい
管理が楽
審査がいらない

電子マネーのメリット

まず電子マネーとは交通系電子マネーカードやスマホ専用のアプリなどにあらかじめお金をチャージ、もしくはクレジットカードと連動していればすぐに使えます。

そのためお財布などを出さなくていいというメリットが強いです。

ポイントが貯まるのも電子マネーのメリットです。

イオンなどが発行しているWAONは200円で1ポイント付きます。

Edyはお買い物で200円で1ポイント、もしくはチャージで200円で1ポイント付きます。

電子マネーにあらかじめ使う分をチャージ、もしくはクレジットカードとの連動で管理が非常に楽になります。

手持ちが足りなくなったからとわざわざコンビニや銀行に下ろしに行く手間がなく、口座を登録しておけばすぐさまチャージもできます。

これはかなり便利ですね。

さらに電子マネーは誰でも使えます

クレジットカードなどは審査が必要ですし、時間がかかります。

しかし電子マネーはその場ですぐに作れて、すぐに使えますので、手間がありません。

電子マネーのデメリット

電子マネーとはメリットだけではなくデメリットもあります。

それは電子マネーを盗まれることです。

セブンイレブンが新たに始めた7ペイというシステムですが、どこからか個人情報が洩れ、パスワードなどが犯罪組織に渡ってしまい、知らない人がどんどん自分の電子マネーを使ってしまい、使用料金のみ請求されるという事態がありました。

基本的には2段階システムを入れているので、こういったことはあまりありませんが、クレジットカードと同じで個人情報が漏れてしまうとこういった事態に繋がってしまいます。

さらに電子マネーの場合、チャージしてしまった金額は戻ってきません

チャージしすぎたから返金したいといったことができませんので、そのあたりは注意しましょう。

電子マネーによっては手数料を払えば戻ってくる場合もありますが、基本的には戻ってきません。

電子マネーは便利な反面、種類が多いためどれを使えばいいか悩んだりしますよね。

生活の中でよく使う種類のものを選んでおけば問題はありません。

仕組みはどれも同じか似ているので、迷うこともありません。

電子マネーとは賢く使える?

電子マネーを使用する際には賢く使える方法があります。

わかりやすく説明しながらご紹介していきますね。

ポイントを貯めよう!

電子マネーを使用する際、ポイントを貯めながら使ってみましょう。

Edyならマイルが貯まりますので、旅行が好きな人は溜めておくといいかもしれませんね。

一見たまらないと思いがちですが、意外と貯まったりするんです。

チャージはクレジットカード

電子マネーとは現金だけではなく、クレジットカードからもチャージが可能です。

クレジットカードと連動していれば、クレジットカードの方のポイントが貯まるんです。

仮に電子マネーの方でポイントが貯まらなくてもクレジットカードの方で溜まりますので、かなりのメリットですね。

ポイントが貯まる仕組みは嬉しいですね。

電子マネーとはペイ系とは違う?

電子マネーとはペイ系もあります。

ペイ系とは最近増えてきたPayPayやメルペイ、LINEPayなどのことです。

交通系電子マネーでもなく、商業系電子マネーでもないです。

わかりやすくいえば、スマホのQRコードだけで決済できる仕組みなんです。

電子マネーはあらかじめチャージしておけばコンビニやスーパーなどで利用できます。

PayPayやメルペイは利用できる店舗があり、専用のアプリをダウンロードしておき、登録口座かクレジットカードからチャージしておけば使えます。

ここの仕組みは交通系電子マネー、商業系電子マネーと同じですね。

違うのはタッチするのではなく、QRコードと言われるコードを会計時に出すことです。

専用のカード機にタッチするわけではなく、QRコードを出すんです

ちょっと仕組みはややこしいですね。

さらにペイ系は現在種類がどんどん増えつつあります

各社コンビニもペイ系を出していたり、独自のキャンペーンを組んだりと種類がどんどん増えてきつつあるんです。

ペイ系の種類

ペイ系にはどんな種類があるのでしょう。

スマホ決済 EC系 携帯会社 銀行 新興系 非接触
PayPay 楽天ペイ d払い ゆうちょ アトネ Apple Pay
LINEPay AmazonPay au Pay Payどん Pring Google Pay
オリガミペイ J-Coin PayB QUICPay
pixiv pay
7Pay
ファミペイ

こんなに種類があったんですね。

PayPayなどは有名なのではないでしょうか。

最近ではコンビニ各社も参入してきたりしており、どんどん種類は増えつつあります。

 

非接触型のApple、Googleなどはスマホの電子マネーを一括管理できるものです。

それぞれ電子マネーができるお財布携帯に対応してないと難しいです。

ペイ系は管理できませんが、電子マネーのSuicaやEdyなどをまとめられますので、便利です。

メルペイのキャンペーン8・9・10月情報!タバコがお得に買える?

メルペイとは詳しく!メリット・デメリット・セブンイレブンや後払いの使い方は?

まとめ

電子マネーとはとても身近にあるキャッシュレスできるシステムです。

キャッシュレス化が進む現在、電子マネーを持っているといろいろとお得と言えます。

電子マネーとは種類も仕組みも一度覚えてしまえばシンプルでわかりやすくなっています。

これを機にぜひ電子マネーを使ってみてはいかがでしょうか。