K-POP

produce X 101順位発表!ネタバレや変動も詳しく調べてみた!


韓国の大人気アイドルグループプロデュース番組「produceX101」

ついにproduceX101の順位発表まできました!

途中で順位変動などもあったそうですが、無事に順位が決定し、順位発表にまでこぎつけています。

今回は気になるproduceX101の順位ネタバレやどのような順位変動があったかなど、見どころをたっぷり含めてご紹介していきますね♪

ネタバレも含んでいますので、未視聴の人はご注意くださいませ

produce101から新グループ誕生!!

詳しくはこちらをどうぞ↓↓

x1メンバー人気順プロフィール!デビュー曲・デビュー日も詳しくチェック!

produceX101の「デビュー評価」と「最終順位」の予告動画

produceX101の12話の予告動画が発表されました。

これを見ながら順位発表などのネタバレをしていきます。

未視聴の人は閲覧には気を付けてください

デビュー評価

まずデビュー評価ステージは2019年7月19日に放送される予定になっています。

生放送でお届けされ、日韓同時中継のようです。

ですので日本でも最終発表がリアルタイムで視聴可能です。

この日のデビュー課題曲は2曲です。

・To My World

・美少年

 

これまでproduceはシーズン2や48という違う場所でもアイドルプロデュースが行われてきました。

今回のXでは誰がデビューするのかとても気になります。

最終順位

ネタバレを含んでいますので、閲覧にはご注意ください

まず、先週の11話でイ・ジヌさんが脱落されてしまいました。

これまでのproduceは上位に食い込んだ人がデビューする傾向にありましたが、produceX101は少しルールを変えてきているようです。

1位~10位までは従来の通り上位に入っていればデビューできます。

11位は第1回~4回までで総獲得得票数が関係してくるそうです。

一番多い練習生が選ばれ、この枠を“X枠”と呼ぶそうです。

もちろん生放送中の投票も有効になってきます。

投票にはいくつかのルールが設けられているようです。

・1人1回のみ投票

・1票×7票という計算

・日本からはできない

 

つまり最下位にいる人でもその日の投票によっては一気に逆転可能ということになりますね。

残念ながら日本では投票ができませんので、結果のみ視聴可能のようです。

現時点ではまだ最終回ではないので、最終順位は未定のようです。

こちらは最終回が放送され次第追記していきます。

produceX101の最終回は字幕放送ある?

produceX101は日本での字幕放送はきちんとあります。

AbemaTVで本放送の翌週の木曜日に放送されますので、韓国より一週遅れての放送になります。

しかし最終順位発表の7月19日だけは日韓同時放送ですので、リアルタイムでの視聴が可能となっています。

これは嬉しいですね。

produceX101の10話の放送内容は?コンセプト評価ステージ!

9話の放送でコンセプト評価ステージのチーム再編成が決定しました。

それに伴い、10話ではコンセプト評価ステージが設けられることになりました。

今までのproduceと違っていうproduceX101ではX枠といわゆる敗者復活戦枠が設けられているのが大きな違いとなっています。

10話ではウリムのキム・ドンユンさんが見事返り咲きました。

10話で構成された内容はコンセプト評価のレッスンの様子、現場評価、順位発表の3つです。

コンセプト評価ステージでは5組のチームに分かれての編成になり、その前に行われたポジション評価の11組の半分のチーム構成となりました。

produceX101の10話の順位発表!

10話では第2回の順位発表が行われました。

ここから先はネタバレを含みますので、閲覧には気を付けてください。

現時点での順位となっています。

第3回目の投票期間は6月29日~7月6日までとやや短くなっています。

これまで国民投票は11pickだったのですが、今回から2pickと票数が減ってしまったのです。

そのため順位変動に大きな変化が起きる可能性が出ています。

最終回の順位発表も同じような感じになるかと予測されますので、第2回とはまた違う順位変動が起きそうです。

produceX101の10話のチーム別の順位発表

produceX101ではいくつかのチームに分かれて個別で順位が付けられていきます。

そちらの順位発表は出ていますので、チームごとに紹介していきます。

produceX101「イッポイッポ」

チームの獲得票数は395票です。

順位 名前
1位 ソンヒョンジュン
2位 クジョンモ
3位 イジヌ
3位 カンメン(ミニボーカル)
5位 ソンドンピョ(センター)
5位 ハムウォンジン(リーダー)

こちらのチームは独自のルールがあるチームのようで、チームの皆さんの可愛い姿が映されることが多かったようです。

和気あいあいとして穏やかな雰囲気のあるチームですが、コンセプト評価時は完成度の高いものを披露されました。

練習動画でもダンスのシンクロ率はとても高く、本番での練習の成果がいかんなく発揮されていたチームのようですね。

produceX101「Super Special Girl」

チームの総得票数は92票です。

順位 名前
1位 クムドンヒョン
2位 キムシフン(センター)
3位 ソンユビン(メインボーカル)
4位 チェスファン
5位 カンヒョンス
5位 パクソノ(リーダー)

Super Special Girlは一番最初に放送されたチームです。

メンバーは皆ダンスもボーカルもピカイチの実力派の練習生ばかりが集まっています。

こちらのチームにはいっていたキムシフンさんがステージを去る際に泣いてしまったようです。

どうやら順位に伸び悩んでいたそうです。

今回の順位発表で2位に躍り出ましたが、全体の順位発表では順位変動がどう大きく出るか予想ができませんからね。

こればかりは応援するしかできなそうです。

produceX101「MOVE」

チームの総得票数は495票です。

順位 名前
1位 チョスンヨン(リーダー&センター)
2位 イジニョク
3位 チェビョンチャン
4位 イハンギョル
5位 キムグクホン
6位 キムヒョンビン(メインラッパー)

運動量が一番多いチームのようです。

そのぶん盛り上がりも最高でアンコールの声もたくさんあったそうですね。

唯一デビューしていない高校生のキムヒョンビンさんは先輩方と足を合わせてきっちりとダンスができたようです。

produceX101「Monday to Sunday」

チームの総特票数は283票です。

順位 名前
1位 ナムドヒョン
2位 キムミンギュ
3位 トニー(センター)
4位 イセジン(リーダー)
5位 キムドンユン
6位 イヒョプ
7位 チュチャンウク

チームの人数が7人と多いMonday to Sundayは、曲自体が6人編成での曲なので新たに7人編成で作り直したそうです。

この作業、チームのチュチャンウクさんがやったそうなんですが、半分しかできずに振付師に怒られたようなんです。

チームを振り分けるのは番組側なんだから、番組が振付を作り直してもいいのではないかと思うんですがね。

チュチャンウクさんが頑張ってくれたおかげでとてもいいダンスに仕上がっていました。

produceX101「U GOT IT」

チームの総得票数は512票です。

順位 名前
1位 キムヨハン
2位 キムウソク(センター)
3位 イウンサン
4位 ハンスンウ
5位 ファンユンソン(リーダー)
6位 チャジュノ

前回の9話から「悪魔の編集」と呼ばれているキムウソクさん

今回のボーカルチェックでも悪魔の編集は行われていたようです。

一体悪魔の編集とはなんなんでしょうね

キムヨハンさんの成長が著しく、練習生としてまだ3か月しか経ってないということで周囲から驚かれているようです。

今後の成長が最も楽しみな一人です。

produceX101のチーム別総合票数と各チームの1位

produceX101の10話の順位発表をまとめました。

同じく各チームの1位の順位発表もまとめました。

1位 U GOT IT 512票
2位 MOVE 495票
3位 イッポイッポ 395票
4位 Monday to Sunday 283票
5位 Super Special Girl 92票

1位のU GOT ITチームにはベニフィット票20万票が加算されます。

これでまた大きく順位変動が起きたようですね。

 

各チームの1位の順位発表です。

U GOT IT キムヨハン
MOVE チョスンヨン
イッポイッポ ソンヒョンジュン
Monday to Sunday ナムドヒョン
Super Special Girl クムドンヒョン

各チームで1位になった人には個別で500ベネフィット票が加算されます。

これらの合計が現在の順位発表に反映してくるわけです。

そのため、現時点での1位はU GOT ITのキムヨハンさんということになるわけですね。

produceX101第3回の順位発表

どうやら第3回目の順位発表がされたようです。

当初に比べて大幅に人数が減り、第3回目は30人中20人が残る結果になりました。

ネタバレを多く含んでいますので、ネタバレが嫌な人は見ないようにしてください。

1位~10位

1位 キムヨハン
2位 キムウソク
3位 イジニョク
4位 ハンスンウ
5位 キムミンギュ
6位 チョスンヨン
7位 ナムドヒョン
8位 ソンヒョンジュン
9位 イウンサン
10位 クムドンヒョン

11位~20位

11位 チャジュノ
12位 ソンドンピョ
13位 ファンユンソン
14位 カンミニ
15位 クジョンモ
16位 イハンギョン
17位 ソンユビン
18位 ハムウォンジン
19位 トニー
20位 イセジン

脱落者

残念ながら21位以下となってしまった方々が10名います。

21位 キムグクホン
22位 イジヌ
23位 キムドンユン
24位 イヒョプ
25位 パクソノ
26位 カンヒョンス
27位 キムシフン
28位 チャスファン
29位 チュチャンウク
30位 キムヒョンビン

第2回目とは違って大きく順位変動しているようです。

大幅にアップしている人もいれば、落ちてしまった人、様々あります。

最終回の12話では残りの20名の中から本格デビューする人が決まるようです。

 

次回は2つのチームに分かれて課題曲を披露することになっているそうです。

この課題曲で本格デビューが決定するんですね。

produceX10112話の課題曲「To My World」

すでにチーム分けはされているようですので、誰がどのパートなのかも一緒にご紹介します。

メインボーカル チョスンヨン
サブボーカル1 ハンスンウ
サブボーカル2 イウンサン
サブボーカル3 キムミンギュ
サブボーカル4 イセジン
サブボーカル5 ファンユンソン
サブボーカル6 チャジュノ
ラッパー1 キムヨハン
ラッパー2 ソンヒョンジュン(リーダー)
ラッパー3 クムドンヒョン

こちらの曲はショーンアレクサンダーさん、ドリューライアンスコットさん、フィルシュヴァンさんの3人で作曲されています。

チョユリさん作詞で、funky k-popジャンルの曲です。

振付はヨンジュン先生です。

produceX10112話の課題曲「美少年」

メインボーカル ソンユピン
サブボーカル1 キムウソク
サブボーカル2 ハムウォンジン
サブボーカル3 カンミニ
サブボーカル4 トニー
サブボーカル5 クジョンモ
サブボーカル6 イハンギョル
ラッパー1 イジニョク(リーダー)
ラッパー2 ナムドンヒョン
ラッパー3 ソンドンピョ

こちらはPENTAGONのフイさんが作詞作曲をされました。

EDMダンスのジャンルの楽曲で振付はジェスン先生です。

 

10人が一斉に歌うということですので、どのようなハーモニーになるのか気になりますね。

いったいだれがデビューするのかも気になっちゃいます。

まとめ

produceX101は今回から初めて新ルールを加えて新しいオーディション番組です。

総勢101人の中から選ばれた数名のみがデビューできるという大人気の番組ですね。

順位変動が最終回の4回目でどれだけ変わるのは気になります。

これまでの順位がひっくり返る可能性もあります。

どのように順位変動が起こり、順位発表時はどんな反応がそれぞれが起きるのか、ぜひ7月19日放送の生放送でチェックしてください。

最終回の順位発表、順位変動に関しては放送され次第追記していきます。

ネタバレを含んでいますので、そちらも閲覧には気を付けてください。