ニュース

メ―ガン妃が嫌われる理由がスゴイ!?評判やお腹の違和感についても詳しく


イギリス王室のヘンリー王子の妻、メーガン妃。

今年の5月に出産をしましたが、実はお腹に違和感があるみたい?

また、イギリスでは嫌われているという情報もあるので、嫌われる理由や評判も気になります。

そこでこの記事ではメーガン妃のお腹の違和感や、嫌われる理由、評判などを調べていきます!

[adlk-1]

メ―ガン妃が出産!イギリス王室はおめでた続き!

イギリス王室のヘンリー王子の妻であるメーガン妃が、今年の5月6日に第一子男児を出産しました。

この出来事は世界的なニュースにもなりましたよね。

ちなみにメーガン妃の赤ちゃんの体重は約3.26キロで、母子ともに健康。

お名前はアーチ―君と言うそうです。

イギリス王室では、メーガン妃が出産す1年1か月前、昨年の4月にウィリアム王子とキャサリン妃の第3子が生まれた事もありおめでた続きのようですね。

未来を進んでいく子どもたちが続けて生まれてくるのはとても喜ばしい事なのではないかと思います。

メ―ガン妃、イギリスでの評判は?

さて、そんなおめでたで幸せそうなメーガン妃ですが、イギリスでの評判はどうなのでしょうか?

調べてみたところ…、メーガン妃、イギリスでは嫌われている傾向が強いみたいです。

しかも、その「嫌われる理由」が1つではなくいくつかある様子。

これは気になる!という事で、ここからはメーガン妃が嫌われる理由を見ていきたいと思います。

[adco-2]

メ―ガン妃が嫌われる理由①下品な言動や性格?

メーガン妃が嫌われる理由はいくつかあったのですが、まず大きく言うと、メーガン妃の下品な言動や性格をイギリスの人々は気にしているようです。

メ―ガン妃の性格

ではまず気になる、メーガン妃の性格。

嫌われる理由に「性格」が入っていたという事は、メーガン妃の性格はそんなに悪いのでしょうか?

実はメーガン妃の性格について、過去にメーガン妃の姉であるサマンサ・グラントさんがイギリスのメディア取材に対して発言しています。

その内容はと言うと、「妹(メーガン妃)はナルシストでわがまま。本性を知れば王子の気持ちは離れていくだろう」とのこと…。

なんでも、メーガン妃の両親は2人とも多額の借金を背負って自己破産してしまったらしいのですが、その際にメーガン妃は一切両親の事を助けなかったようです。

この事からのお姉さんのこの発言と考えればなんとなくメーガン妃の事を悪く言うのは理解できますが、それでも言い過ぎではないのか?とも思ってしまいますよね。

実の姉であるからこそかもしれませんが、かなりズバッと批判的にメーガン妃の事を話していたのですね。

ちなみに、メーガン妃はヘンリー王子と付き合い始めてからすぐに友達の断捨離を開始したそうですよ。

その証拠に、多くの友達が「まったく連絡をしてくれなかった」と証言しているのだとか。

でも、断捨離されてしまった中の1人の友人は、「相手は王子だし、身分が違うから断捨離するのは当然。陰ながら幸せを願いたい」と話していたそうです。

しかしこの出来事が、メーガン妃を「自分の幸せの為なら迷わず友達を断捨離する非常な女」として認知させてしまいました。

そんな事もあり、メーガン妃は「性格の悪い女」と思われてしまっているのかもしれませんね。

足を組む

メーガン妃が嫌われる理由について他に出てきたのが、「足を組む」という理由でした。

足を組むこと自体は…、嫌われる理由になるのでしょうか?どうなんでしょう?

でも、メーガン妃は王室の方なので足を組むことについては確かにあまり良く思われないかもしれませんね。

色々な評判がありますが、この嫌われる理由については少し納得できるような気がします。

手をつなぐ

足を組む、の次に出てきた嫌われる理由。

それは、「手をつなぐ」という事でした。

手をつなぐのは恋人なら自然だし、当たり前のことかもしれませんが、これもやはりメーガン妃が王室の人間である事が関係しているのでしょう。

でもこればかりは、少しメーガン妃が可哀そうな気もしますね。

愛する人と手を繋げないのは悲しいでしょう。

でも、それも分かった上でヘンリー王子と結婚したのでしょうし、仕方ないですが頑張って我慢してほしいかなぁと思います。

[adlk-2]

メ―ガン妃が嫌われる理由②生い立ちや経歴が関係?

ここまでメーガン妃の評判・嫌われる理由を見てきましたが、嫌われる理由はまだまだあります。

出生について

メーガン妃の出生も嫌われる理由の1つになっている!?

メーガン妃は現在ヘンリー王子と結婚されていますが、生い立ちは一般家庭の生まれなのです。

また、メーガン妃は実はイギリス人ではない事が嫌われる理由になっているのかなと思います。

メーガン妃の父親は、オランダ・アイルランド系白人で、母親は、アフリカ系アメリカ人です。

つまり、メーガン妃は白人と黒人の血を受け継いでいる事になりますね。

ご両親は離婚しているとのことですが、出生に関しては自分ではどうしようにもできない問題なので、嫌われるのはかなりかわいそうな気がします。

親戚のこと

ご両親の事が出てきましたが、親戚の事も実は話題になっています。

実はメーガン妃には異母姉がいるのですが、その異母姉がなんと、メーガン妃についての暴露本を出版していました!

これもメーガン妃は全く悪くない出来事なのですが、メーガン妃の親戚について嫌な気分になった人も多いのではないかと思います。

離婚歴

身内、親戚共にいろいろと複雑なメーガン妃ですが、実はメーガン妃自身も複雑な経歴を持った方でした。

実はメーガン妃、離婚歴があった!

メーガン妃はヘンリー王子と出会う前はアメリカで女優をしていたのですが、そのころに知り合ったテレビプロデューサーのトレヴァーさんと結婚しています。

2人は2004年から7年間の交際期間を経て2011年9月10日に結婚したそうです。

2人の間に子供はいなかったようですが、2013年5月に別居していて、その年の8月には離婚。

わずか2年足らずで離婚してしまったのですね。

この離婚歴も、メーガン妃が嫌われる理由に入るんですね…。

メ―ガン妃が嫌われる理由③お金遣いが荒い?

さて、色々とメーガン妃が嫌われる理由を見てきましたが、次に紹介するのが最後です。

その理由とは…、メーガン妃のお金遣いが荒いから。

どうやらメーガン妃は元々ハリウッド女優として活躍していたからか、ファッションにこだわりがあるようです。

そんなメーガン妃が、玉の輿でヘンリー王子と結婚。

その結果、ファッション熱が爆発してしまったのか、高級ブランドのドレスなどの衣装を次々と購入。

たった2日間の公務のために、日本円にして400万円近くのお金を使ったこともあるらしく、これは相当なお洋服好きですね。

ちなみにこれらの衣装代はイギリス王室から支払われることになります。

これに関しては、イギリス市民の方々が怒る気持ちも理解できますし、嫌われる理由になってもおかしくないですね。

[adco-3]

メ―ガン妃の良い評判は?キャサリン妃よりも良いという声も

さて、ここまでメーガン妃の嫌われる理由を見てきましたが、では逆に良い評判などはあるのでしょうか?

調べてみたところ、良い評判がいくつかありました!

どうやらメーガン妃は、イギリス王室のヘンリー王子と結婚するにあたり、イギリス国教徒に改宗したそうです。

これは、イギリスの市民の方々からすれば好感度が上がりますね。

また、一部ではメーガン妃はキャサリン妃よりも良い、という評判があります。

では、何が良いのか。

それは、メーガン妃の王室の公務に対しての姿勢でした。

メーガン妃は結婚してから数多くの公務を行っています。

一方キャサリン妃は、結婚後は王室としての公務よりも子育てを優先したり、自分の娯楽を優先したりしていたそうで、あまりイギリス市民からの評判は良くなかったそうです。

公務を行う点においては、確かにキャサリン妃よりもメーガン妃の方がまじめで好印象です。

メ―ガン妃のスタッフが辞職した謎の理由

色々な評判があるメーガン妃ですが、実はメーガン妃の周りではスタッフが続々と退職してしまうという事件が起きているのだとか。

どうやら調べてみると、結婚後約半年の間に、パーソナル・アシスタントのスタッフと秘書が辞職しています。

理由を巡ってはメーガン妃の要求が厳しく、気難しいからだという噂も流れていますが、一部の関係者はメーガン妃とスタッフとの間に問題はないと証言しているらしいです。

謎は深まるばかりですが、もしこれからも沢山のスタッフが退職する事態が起きれば、大騒ぎになってしまいそうですね。

メ―ガン妃のロイヤルファミリー好感度ランキング順位は?

ではここで、メーガン妃はイギリス王室・ロイヤルファミリーの中でどのくらいの好感度を持たれているのか、ロイヤルファミリー好感度ランキング順位を発表します。

メーガン妃のロイヤルファミリー好感度ランキング、順位は…、6位でした!

ちなみに1位はメーガン妃の夫である、ヘンリー王子でした。

メ―ガン妃への日本国内での反応は?

子どもが生まれたメーガン妃ですが、日本国内での反応はどうだったのでしょうか?

調べてみると…、

祝福ムード満載!多くの人がメーガン妃を祝福しているようです。

[adco-3]

メ―ガン妃に絶賛の声?

日本で祝福されるメーガン妃ですが、一方では絶賛されていました!

なんと、メーガン妃を絶賛したのはあの、ビヨンセです。

ビヨンセは、「Black Lives Matter(黒人の命も大切だ)」キャンペーンで毎年アフリカ系アメリカ人への差別の撲滅を訴えてきたのですが、ビヨンセのウェブサイトにメーガン妃が紹介されたらしいのです。

なんでも、アフリカ系の母親を持つメーガン妃の結婚式について、「結婚式では彼女の文化が中心にあり、全面にありました。彼女とヘンリー王子は人種に関わる対話をあらゆるところで起こしました」と絶賛したのです。

メーガン妃の生きる強さが、ビヨンセの心を打ったのかもしれませんね。

メ―ガン妃のお腹に違和感てなんだったの?不自然?へこむって?

ビヨンセに絶賛されたメーガン妃でしたが、実はメーガン妃のお腹には違和感がありました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

確かに画像を見てみると、微妙にへこんでいて、違和感?

この違和感から、「メーガンのお腹は作りものなのでは?」という声も挙がってしまったようです。

メ―ガン妃のお腹が大きすぎて違和感があった?

そんな微妙にへこんだお腹を持っていたメーガン妃ですが、打って変わってお腹が大きすぎるのではないか、と言う声もありました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

確かに、お腹がすごく膨れ上がっていますね。

でも、妊婦さんならおかしくはないのではないかな、と思います。

メ―ガン妃の出産と出産方法や病院・子供の性別

そんなメーガン妃の主産について。

出産方法や病院などは、今のところ分からず明かされていませんでした…。

ただ、出産場所については病院ではなく、自宅のフログモア・コテージで行われた可能性が伝えられているようです。

ちなみに、子どもの性別は男の子でした。

メ―ガン妃、代理出産の説・妊娠虚偽説はどこから?

無事出産を終えたメーガン妃でしたが、実は代理出産の噂や、妊娠は嘘ではないのかという噂があります。

その理由は、先ほども話題になったお腹の膨らみの不自然さからです。

あまりに不自然なため、代理出産の噂や、妊娠は嘘、といううわさが出てしまったのですね。

[adlk-2]

メ―ガン妃の出産方法・お腹触りすぎの声

メーガン妃、お腹に手を当てすぎていた!

出産方法は分かりませんでしたが、メーガン妃が出産前に式rにお腹を触っていたことは分かりました。

でもこれ、妊婦さんなら普通ではないのかな、とも思うのですが…。

どうやらメーガン妃は、お腹に手を当てる回数がすごかったみたいです。

あまりにもお腹に手を当てられると、違和感を持つ人も少なくないのかもしれませんね。

まとめ

色々な噂や評判があったメーガン妃でしたが、今現在はとても幸せそうなので、このまま幸せに向かって家族みんなである言うていってほしいなと思います。

[adco-4]