ドラマ

3年A組ネタバレ結末と犯人の衝撃展開!原作も詳しく調べてみた!

スポンサーリンク

ドラマ「3年A組」が話題になっています!初回から衝撃展開ですが、早くも結末ネタバレや犯人が気になる!と様々な意見が飛び交っています。となると、原作も気になるところですね。

今回はドラマ「3年A組」ネタバレ、結末と犯人の衝撃展開!?そして原作についても詳しく調べてみました!

※3年A組のラストのネタバレ予想を毎週更新中!!目次からどうぞ♪♪♪

ぜひ最後までお読みくださいませ♪

▼▼1話~最終話までHuluで配信中こちらからすぐに視聴できます▼▼


▲▲Huluは登録した日から2週間以内無料視聴▲▲




3年A組ネタバレあらすじと感想!脚本や原作は?


とうとう始まりました3年A組‐今から皆さんは人質です‐

かなり話題になっていますね!1話から怒涛の展開でこの先にも期待が高まっています!

早速ネタバレ結末予想や原作、あらすじを詳しく見ていきましょう。

3年A組の原作は?

ネタバレと言えば原作!なのですがこのドラマ「3年A組‐今から皆さんは人質です‐」には原作の小説や漫画はありません…!

日本テレビの制作で武藤将吾さんによるオリジナルのストーリーなのです。

その為、ネタバレ原作や結末については予想をするしかないのです!

武藤将吾さんについて

武藤将吾さんは2002年に「野球狂の親父」で15回フジテレビヤングシナリオ大賞佳作を受賞しています!

他にも代表作は「電車男」「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~」「小早川伸木の恋」「家族ゲーム」「怪盗山猫」「テルマエロマエ」「クローズ」

ヒット作が多い脚本家さんです。

そして家族ゲームなどもそうですが、ちょっと影があってシリアスな内容にクスっと笑えるような内容を盛り込んでいる感じも面白いです!

今回も内容はかなりシリアスで衝撃的な内容ではありますが初回から先生たちが職員室でガチダンスをいきなり始めたり、ちょっと突っ込みたくなるような面白いシーンも登場しています♪

3年A組今から皆さんは人質ですの1話ネタバレとあらすじ感想

ここからは3年A組‐今から皆さんは人質です‐1話のネタバレと感想をご紹介していきます。

3年A組‐今から皆さんは人質です‐第1話を簡単にまとめ

魁皇高校3年A組の担任・柊一颯(菅田将暉)は卒業式まであと10日となった日、生徒たちを人質にしてクラスに立てこもります。

クラスに入るなり「今から皆さんは人質です」という柊。

生徒たちは特殊なカギでロックされた教室から出られないようになっていました。

そして冒頭からいきなりの爆破!

 

3年A組のすぐ横で爆破が起こり、生徒たちは教室とトイレ、そして横にある美術室以外の道が封鎖され外に出られない状況に。

 

柊一颯は「これから最後の授業を始める」

と言い、生徒たちに課題を出します。

 

それは数か月前に自殺した3年A組の生徒の死についてその原因をみんなで考えること

 

回答の期限は夜8時まで。回答者は自殺した生徒と仲が良かったクラス委員の茅野さくらが指名されます。

もし不正解ならペナルティーとして生徒一人に犠牲になってもらうという柊。

 

生徒たちは何とか脱出できないかと考えますが、窓は外から見えないようになっている防弾ガラス。

教室内、学校中に爆弾が仕掛けられていてさらに監視カメラや盗聴器もあるのですべてが筒抜け。

なんと柊は半年前からこの計画のために準備していたのです。

 

そうしているうちに期限の夜8時になり、回答の時間が。

自殺した生徒・景山澪奈は水泳部のエースで下がドーピング疑惑が出て世間からバッシングを受けていました。

それだけでなく、そのことが原因でクラス全員から無視されるといういじめを受けていた華澪奈。

 

茅野さくらは

「ドーピング事件を発端にしてクラスからいじめられたことが原因、そして自分は仲が良かったのに澪奈の気持ちを汲んであげられず結局いじめに加担してしまった。だから自分のせいです。。」という回答をしましたが…

 

柊からの答えは不正解。

 

そして柊は宣言どおり、男子生徒一人・中尾蓮(三船海斗)を殺害してしまいます。

 

柊は遺体を美術室に運び、手伝いをするように言われた茅野さくらは

その美術室で切り裂かれた澪奈の絵を発見します。

 

そして裂かれた絵の裏にはもう一枚、笑顔の澪奈の絵が、、、

 

1人の生徒が犠牲になって終わった第一話。

ラストでは「戦いの始まりだ」と言って柊が見つめるスマホに3年A組の元担任だった相楽文香の写真が…。

今回のドラマも菅田将暉さんの演技力がかなり光っています。

教師になりたいという夢があった菅田将暉さんの為に書き下ろしたという脚本ということで設定もどハマり!!

菅田将暉ドラマ2019・3年A組の演技がスゴイ!?柊先生がハマっていると話題!菅田将暉さんが2019年1月スタートのドラマ「3年A組」で主演を務めることが決定! いつかは演じたいと思っていた教師役ということで...

スポンサーリンク





3年A組‐今から皆さんは人質です‐1話の感想

1話から怒涛の展開でした!

まず爆破から始まって最後は生徒が早くも一人犠牲になってしまうという。。

しかし疑問点も多かった気がします。

柊一颯のキャラクターもちょっとまだ掴めきれない感じですね。

頼りなさそうな美術教師で生徒からもいじられるキャラなのに

実はかなり喧嘩が強く、綿密な計画を立てていました。

そして生徒を一人殺してしまうという猟奇的な人間?のはずなのに、

生徒たちに「変わってくれ…」と涙を流すシーンも。

物語はダイナミックに展開していきますがどこか淡々とした雰囲気が合って全体として緩やかな流れがあるような、、、とにかくこれからの展開が予想できないので目が離せないドラマになる事確実です!!

そしてクラスの生徒たちも皆個性的でどの生徒が物語の本筋に関わってくるのか、まだ今の所見えていないですが、最初に犠牲になった生徒が本当に死んでしまっているのか、、

それもちょっと疑問。もしかしたらそれも計画の一つで死んではいないんじゃないか?という気もします。(完全な予想でしかないですけど)

▼▼1話~最終話までHuluで配信中こちらからすぐに視聴できます▼▼


▲▲Huluは登録した日から2週間以内無料視聴▲▲ 

3年A組 2話の注目キャストは?

3年A組、2話の注目キャスト1人目は宇佐美香帆(川栄李奈)

自殺した生徒・澪奈と友人関係にあったはずの香帆ですが自分と仲良かったはずの澪奈があるときから突然、クラスでも地味な存在であるさくらと仲良くなり始め自分とは一緒に下校することも無くなっていて…

2話注目キャスト2人目は甲斐隼人(片寄涼太)

クラスでもやんちゃキャラでありつつ問題の多そうな彼。

2話注目キャスト3人目と4人目は里見海斗(鈴木仁)と真壁翔(神尾楓珠)

あることに疑問を持ち、美術室に偵察に向かう…!?

3年A組今から皆さんは人質です・2話ネタバレとあらすじ感想

第二話。

外では武智先生がマスコミの対応のような自分アピールのようなテレビ出演をしている。

3年A組の教室では一颯が生徒全員に体操をさせている。

楽しいことを思い浮かべて笑いながら体操をするように、大切なのはイマジネーション!

と言いながらひきつる顔の生徒たちを鼓舞している。

外でもみ合う父兄と先生たち。

そんな時武智の携帯に一颯から電話が。

1話で一颯はあるSNS登録者にひとり100円払うように呼び掛けていたのだが、そのお金は41万円ほどで目標達成の金額には全く満たなかった。

一颯は「もっと注目を浴びないと」と言い、警察の郡司は一颯の狙いは金ではないことを推測。

一颯の授業二日目、二番目の課題はドーピング動画の投稿者が自白すること

それができなければまた生徒が一人犠牲になるという一颯。

ドーピング動画ではロッカールームで澪奈が何かのカプセルを飲んでるところが写っている。

しかしその動画は加工がされたふぇいくなのだと一颯は言い、その動画をSNSに投稿した「やり逃げX」と名乗る投稿者は名乗り出るように言う。

中尾蓮(三船海斗)は本当に殺されているのか?

中尾蓮が本当に殺されているのか、それを確かめるために里見海斗と真壁翔は口実を作って美術室を探りに行った。

一瞬見えた美術室内には食べかけのパンが二つ置いてあった。

さらに血の匂いや死臭などもしていなかった。

はやり中尾蓮は殺されていなかったのではないかという疑問が大きくなっていた男子生徒たち。

一颯が警察が空けた穴を修復しに行っていたその隙を見て甲斐たちが一颯を襲いにかかった。その間に他の男子らが美術室を観に行ったがドアには高圧電流が流れていて開けることは出来なかった。

やり逃げXの正体は宇佐美香帆だった!

とうとう回答期限の8時が近づいてきた。

一颯が回答を迫ろうとしたその時、「相良文香」から電話がかかってきた。

一瞬で顔色が変わった一颯が電話に出ると当ては警察の郡司だった。

一颯が電話に気をとられているうちに男子生徒たちが一颯に襲い掛かる。

そして一颯が付けていた爆破装置でもある時計を里見が奪い取ることに成功。

しかし次の瞬間、教室内の後ろのロッカーで爆弾が爆発する。

一颯はリモコンを足に巻いていて腕時計はダミーにしてあったのだ。

そして権勢逆転。

一颯は生徒たちを黒板の前に立たせた。

そして頭の上には爆弾が仕掛けられていることを告げる。

唯月(今田美桜)は「犯人が名乗り出ればみんな助かる、早く名乗り出て!」と叫んでいる。

耐えきれなくなったさくら(永野芽郁)が自分が犯人だと言い出す。

しかしパスワードを言うように言われ言葉に詰まっていると

香帆(川栄李奈)は自分が「やり逃げXだ」と自白。

香帆はクラスの人気者の自分より、澪奈がクラスでも地味で奴隷ともいわれるさくら(永野芽郁)を選んだことでプライドが傷つき嫌がらせをしていたというのだ。

しかし投稿動画は香帆カバンの中に入れられていたもので自分が撮影したものではないという

澪奈が願っていたこと

実は澪奈が香帆を避けるようになったのには理由があった。

澪奈は香帆と本当の友達になりたいと思っていた。

でも香帆は自分と一緒にいることがステイタスのように思っていてそれが辛かったことを一颯に話していた。

一颯は、澪奈が香帆のことを恨んでいなかったこと、そしてSNSのフォロワーをふやすためやステイタスの為にではなく、本当の友達になりたかったと思ていたことを伝えた。

それを聞いて号泣する香帆。

一颯は「香帆に足りなかったのは想像力だ。今の痛みを忘れるな」と言った。

フェイク動画を取ったのは投稿者とは別にいる

結局問題になった動画を配信したのは香帆(川栄李奈)だったがその動画は香帆のバックに入れられていたため誰が撮ったのかはわからないという。

ということは動画を撮影した本人が澪奈のドーピング事件の発端となりそうだ。

内通者は誰なのか!?

生徒たちにおにぎりをリクエストされた一颯。郡司からの電話に柊はおにぎりを30人分届けるようにと伝えた。

その時、トイレではある男子生徒がスマホを取り出して

「これから刑事と教師が全面対決するよ」と投稿していた。

3年A組今から皆さんは人質です・3話ネタバレとあらすじ感想

3話ネタバレのポイント

捜査一課の五十嵐(大友康平)は一颯の仲間だった!

2話では一颯が生徒に言われておにぎりを警察に要求しました。

そして3話はその引き渡しから。

捜査一課の五十嵐(大友康平)盗聴器を付けてがおにぎりの受け渡しに向かい、一颯と対面、

早速盗聴器がバレて緊迫のシーン!!

と思いきや、なんと捜査一課の五十嵐は一颯の仲間でした。

今回はまさか!?の展開やネタバレが多いのですが最初からこのネタバレにはちょっとびっくりでした。

3話の一颯からの課題は「フェイク動画」は誰が作ったのかということ

今回の課題はフェイク動画。

2話ではこの動画を投稿した犯人を突き止めました。(宇佐美・川栄李奈)

しかし宇佐美は自分はカバンに入っていた動画を投稿しただけ。と言っていましたね。

3話ではその動画自体は誰が撮影したのか!?と言うところが焦点。

今回はその回答権を警察の郡司(椎名桔平)にゆだねた一颯。間違えれば生徒5人が犠牲になると宣言します。

そしてそのことはネット上にも拡散。

犯人は水泳部の中に?

真っ先に疑われたのは水泳部。

その原因は動画に水泳部のジャージを着た手が写っていたから。

澪奈のファンと言う男たちに襲われて選手生命が立たれた真壁翔(神尾楓珠)や部長なのに成績が澪奈に及ばず嫉妬ていていたと言われる熊沢花恋(堀田真由)が疑いの的に。

疑いは水泳部以外で大会を観に行っていた里見?

里見(鈴木仁)は水泳部ではないのに大会を観に行っていたことが判明。

真壁もそのことを思い出した。人手が足りずにジャージを貸して手伝いをしてもらったことも、、

一方、警察では一颯から送られていた動画で推理をするも

しかし一向に犯人にはたどり着けていませ。。。

その時、SNSで実況をしている内部の人間らしき人物とコンタクトを取ることに成功した郡司。

その人物は3年A組の生徒だといいます。

その生徒に協力を仰いで犯人捜しのためにジャージの袖についたシミの謎を解読。

その為にはその時ジャージを着ていた里見と熊澤が当日何を食べたのかを調査していました。

とうとう約束の8時になり、郡司は内部の生徒と言う人物の情報を頼りに、犯人は熊澤だと答えを出します。

しかし

実際の正解は里見海斗。

里見は澪奈のことが好きになり告白するも断られてプライドを傷つけられていました。

親衛隊があるほど、ちやほやされている存在の里見は相当ショックだったのでしょうね。

ちょっと無理やり感ある気もしないでも、、、そこまでするか、と思うところですが

闇は深かったのでしょう。

こんな奴に負けるかよ、と言って里見は真壁につかみかかります。

本当は真壁が強い人間だと知っていた里見、自分を殴ってくれ、と言いますがそこで真壁から

「この悲しみを力に変えてくれ里見」と諭されます。

今回のキーワードですね!「悲しみを力に変えることができるのか」と言うところ。

一颯も何度も口にしていました。

結局警察は答えを間違えてしまいましたね。

実は警察とメールをしていることはすでに一颯の知るところだったのです。

しかも、犯人特定のヒントにしていたジャージのシミのヒントを送ったのも一颯。

結局答えを間違えてしまった警察。

約束通り生徒たち5人の名前が挙げられ、その生徒たちは隣の美術室に連れていかれ、

そして次の瞬間・・・

爆発音が。

隣の部屋を見てみると、がれきの下敷きになっているらしい人影がありました。。

これを見ると完全に一颯先生またしても5人も生徒を犠牲にしてしまったの!?ということで残された生徒たちはがくがくブルブル状態になっていましたね。

実は生徒たちはみんな生きていた!

ここでまたしても大きなネタバレ。

5人の生徒はもちろんのこと、1人目に刺されて殺されたと思われていた蓮も生きていました!!

蓮は一颯の協力者だったことが判明します。

さらに今回は他にも気になるポイントがあったのであげていきます。

郡司は元教員だった!!

どうやら郡司が元教員で過去のある事件をきっかけに教師を辞めていることが判明しました。

しかし、当時の生徒とのやり取りを見ると、悪い教師だったというわけではなさそうですね。

途中、一颯も「やっぱり有能な刑事さんだ」と発言しています。

ここからは予想ですが、一颯は過去におそらく郡司と接点があったのでしょう。

もしかしたら、郡司と接点があったのは一颯の元恋人の相楽文香かも?

相楽文香と一颯の関係は?DVは本当?

これまでの話で一颯が相楽文香にDVをして文香のココロが閉ざされてしまったとなっていましたが、今回の放送では立てこもりを知った文香が「どうして一颯が。」と言っています。

さらに一颯は文香の写真をとても大事そうに眺め、警察が文香の携帯を使って電話してきたときも突然表情が変わりましたね。

ということで一颯がDVをしていたというのはちょっと違うような気がしますね。

さらに、残忍教師!と思われている一颯ですが、実際には生徒たちは一人も犠牲になっていません。

そして毎話、本気の授業を繰り広げて涙ながらに訴えかけています。

いよいよ一部完結!と言われる来週の4話

そろそろ一颯がここまですることになった経緯が明かされそうですね。

もしかしたら人質は解放されて次の展開が起こるのでは?との予想も出ていたりするようですが、どうなるでしょう。

全くの予想でしかないですが、最終的には生徒全員が一颯の見方になるとか?

そして本当に訴えかけたい人物は学校の外に!!

なんてこともあるかもしれません。

一颯は「最終的に生徒たちは分かってくれるはずだ」と言っています。

とにかくスリリングに展開の早い3年A組。

毎話見逃せないですが、今回もまた急で意外な展開が多かったですね。

来週からの新展開が気になります!

3年A組今から皆さんは人質です・4話ネタバレとあらすじ感想

怒涛の4話が放送されましたね!

4話でわかったこと

  • 澪奈の動画を取らせたのは甲斐だった。しかし黒幕は半グレ集団のベルムズ。
  • 甲斐の母親は寝たきりでお金欲しさにベルムズに協力した。
  • ベルムズに澪奈が連れ去られそうになると甲斐は澪奈を助けた。
  • ベルムズのリーダーは喜志という男。その男とクラスの諏訪唯月とつながりがある。
  • どうやら一颯は何か病気にかかっているらしい

まずは4話の視聴率

視聴率は9.3%でした!

今回は惜しくも10%を切ってしまいましたね…!

裏番組のMr.サンデーで今話題の嵐活動休止、緊急会見が放送されていたことが要因かもしれないと言われていますね。

とはいえ、それでも9.3%、また来週は巻き返してくるのではないでしょうか。

それでは4話のネタバレを詳しく解説していきます!

4話の注目人物は?

4話の注目人物、1人目は甲斐隼人(片寄涼太)くんですね。

甲斐集団のリーダーということで今までも度々注目ではありましたが今回はこの甲斐君がキーを握っています。

もう一人は新しく出てきた人物

喜志正臣(栄信)です。それでは詳しく解説していきます!

フェイク動画を作った人物・黒幕は誰なの!?

今回の一颯からの課題は「フェイク動画を撮らせた犯人は誰なのか!?」ということ。

里見(鈴木仁)にフェイク動画を撮らせた人物に手を上げるように言う一颯。

するとすぐに手を挙げたのは甲斐でした。

フェイク動画を作らせたこと、そして宇佐美香帆(川栄李奈)のカバンにその動画を忍ばせたのも自分だということをあっさり認めます。

「確かに動画を撮らせたのはお前だ。しかし加工した別の人間がいる」という一颯。

その人物を夜8時までに明かさなければ今回は10人の生徒が犠牲になると宣言します。

 


 

警察では3話でフェイク動画を取った人物を間違えてしまった郡司は捜査から外されていました。

ケータイを返してもらうために郡司を訪ねた相楽文香

「一颯が事件を起こしたのは私のせいかもしれません」と訴えます。

しかし詳しくを話す前に父親に家で連れ戻されてしまいました。

そこで郡司が他の刑事と話していた内容で「ベルムズ」という言葉に文香は反応していました。

甲斐の母親と兄弟

3話で甲斐が病室で横たわる女性の横に座っているシーンがありましたが、それは甲斐の母親でした。

母が交通事故に遭い寝たきりの状態になっていたのです。

そして母と幼い弟たちの面倒を見る為、甲斐は夢だったダンスを諦めバイトを始めていました。

そんな時、ダンス仲間の一人に自分の先輩が景山澪奈のファンだから合わせて欲しい、もし協力してくれるなら20万円もらえる、という話を持ち掛けます。

甲斐は景山澪奈とその仲間の先輩を引き合わせることに。

しかし実際に現れたのはベルムズという集団。

ダンス仲間はベルムズの一員だったのです。

連れ去られそうになる澪奈を助けた甲斐。

それが1話で一颯の言っていた甲斐の暴行事件の真相でした。

一颯(菅田将暉)と甲斐(片寄涼太)の一対一のぶつかり合い!

甲斐は一颯に「お前調子悪いんだろう、もし俺がお前に勝ったら全員を今すぐ解放しろ」と勝負を持ち掛けます。

フェイク動画の黒幕を知りたい一颯と解放をかけた甲斐の勝負

甲斐は泣きながら自分が何の足かせもなく夢を追い続けることができた景山澪奈に嫉妬していたこと、そしてフェイク動画の犯人をバラせば自分の家族に危険が及ぶことを訴えます。

そんな甲斐に一颯は「俺を信じろ」といいますが、人殺しを信じろっていうのかよ、、と言う甲斐。

すると茅野さくら「信じてもいいんじゃないかな」と入ってきます。

実はみんなは生きているんじゃないか、と考えた茅野さくらは二人が勝負を始めると美術室に偵察に行っていました。

そこでみんなが生きていること、そして最初に殺されたと思われていた蓮が先生は自分たちのためにやっているから信じてほしいと言っていることを聞いていました。

それを聞いた甲斐はベルムズのボスは喜志という男でフェイク動画を撮らせた黒幕だということ、そしてそのアジトがどこにあるのかを話します。

この一連のやりとりを一颯は、電話越しに郡司真人警部に聞かせていました。

そこで警察はすぐにアジトに駆け付けて喜志は確保されました。

ベルムズ、そして喜志の名前が出るたびに驚いた表情をしていたのは

諏訪唯月(今田美桜)

喜志と同じペンダントを握りしめて正臣(喜志の名前)、、、とつぶやいています。

どうやら次回はこの諏訪唯月と喜志の関係もカギを握っていそうですね!

さらに一颯の元恋人、文香とベルムズの関係もこの事件の重要なポイントになっていそうです。

ラストでは殺されたはずの生徒たちが生きていたため、どうなってるの!?と詰め寄る生徒たちに一颯が「すべてを話そう」と言ったところで急に苦しみながら倒れてしまいます。

ずっと薬を飲んでいた一颯、もう先が長くないのでしょうか、、、

3年A組今から皆さんは人質です・5話ネタバレとあらすじ感想

5話が放送!!あらすじネタバレをしていきます!

5話で分かった事

  • ベルムズリーダー喜志と諏訪唯月は繋がっていた。唯月はモデルになるために喜志に取り入っていたが、フェイク動画については知らなかった。
  • 一颯は不治の病で先が長くないことを自ら語った
  • 死んでしまったと思われていた生徒たちは一颯の想いを知り学校に残るという気持ちだった。
  • 唯月が喜志にもらったネックレスにはフェイク動画の顧客リストが入っていた。
  • フェイク動画を依頼したのは魁皇高校の教師だという疑惑が出る

5話スタートでは一颯は倒れていました。

そこで残った生徒たちは死んでしまったと思われていた生徒の無事を確認するため美術室へ。

しかしそこにいた生徒たちは先生の本当の目的を知ったからここに残るといいます。

一颯の目的とはーーーーーーーーー

実は澪奈は自殺ではなく殺されたということ、そしてその犯人を見つけることこそが自分の目的だと語っていたのです。

一颯の体調が悪いことはこれまででも判明していましたが、とうとう自分は不治の病でこの先が長くはないことを自ら語った一颯。

この回でカギを握っていたのはやはり諏訪唯月でした。

唯月はモデルになるため、お金のため、ベルムズのリーダーである喜志と親しくなっていました。

最初は何も語ろうとしなかった唯月ですが、ここでまた一颯の魂の授業が開始。

涙を流した唯月は喜志にもらったネックレスを床に投げつけます。

するとそこから出てきたのはマイクロチップ。その内容を確認すると・・・

フェイク動画を依頼したのはなんと魁皇高校の教師だという記録が!

 

予告通り、5話では大きな展開がありました!

そして6話から新たな章が幕開けとなります!!

黒幕は魁皇高校の教師!?はたまたその背後にはまだ本当の黒幕が隠れているのか、、、、!

3年A組今から皆さんは人質です・6話ネタバレとあらすじ感想

再び生徒たちが人質に

5話で生徒たちは一颯を信じ、協力することを決意して全員が残りました。

そして迎えた6話。

一颯はマインドボイスに自ら投稿し伝えたのは

  • 景山澪奈を殺した犯人を捜してること
  • その犯人が魁皇高校の教師だということ

 

その後、一颯は生徒たちに「信じる信じないゲームをはじめる」と言います。

メガネをかけているときには信じる。と言い、

メガネを付けていないときには信じるな。と言った一颯。

これが今回のポイントにもなります。

ヒーロー編、開幕

ネット上では一颯がマインドボイスに登場したこと、そして犯人が魁皇高校にいて、その犯人を見つけようとしていることから、一颯をヒーローとして騒ぎ立てるようになっていきます。

犯人は先生の中の誰!?

生徒と一颯は一体となったはずでした。しかし一颯は先生たちに対して8時までに名乗り出り出るように、さらにはもし名乗り出なければ教室を爆破すると宣言します。

そしてまたしても生徒たちの携帯やバックを回収する一颯。

「上辺だけで物事を考えるな。レッツシンク」と言い、教室を後にします。

水泳部だった水越涼音

誰が犯人なのか考え始める生徒たち。

元水泳部だった水越涼音は、自分を退部に追い込んだ水泳部の顧問が澪奈に好意を寄せていてそれを拒否された末の犯行だったのではないか、と考えます。

実は涼音は水泳部でかなりタイムを伸ばしていたのですが、彼氏と1日だけ水泳部の練習を休んだことで(実際には病院に行っていただけ)水泳部を退部させられたことをずっと恨んでいました。

そして涼音は「水泳部顧問・坪井先生」が犯人だと思う。という動画を美咲に撮影・投稿してもらうように頼みました。

一颯と文香・文香の父との関係

一颯は教師になる前、アクション俳優だったと以前語っていました。

警察が一颯について調べていると、そのアクション俳優時代の職場に行きつきます。

そこで分かったのは、一颯が所属していたアクション俳優の会社の社長が元恋人・文香の父だということ。

意外なつながりが判明しましたね。

水泳部の顧問・坪井先生の想い

犯人だと疑いをかけられた水泳部顧問の坪井先生、

実はそこには裏に違った真実がありました。

胸の痛みを訴えていた涼音ですが、実は涼音は練習のし過ぎで命に係わる病気にかかってしまっていたのです。

それを知った顧問の坪井先生は真実を告げるのではなく、冷たく非情に対応することで涼音を水泳から引き離したのです。

一颯の眼鏡で伝えていた事

坪井先生が犯人と決めつけてしまった涼音はマインドボイスに先生が犯人だという内容の投稿を頼んでしまいました。

しかし実際には違う事実がありましたね。

一颯はそのことに対してまた全力で魂の授業を行います。

誰かが安易に発した言葉が誰かをものすごく傷つけることがあること

自分の言葉に責任を持て!!と。

その授業に涼音は泣きながら自分の行動を反省。

そして他の生徒たちも一颯の言葉を真剣に受け止めていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メガネを取る一颯。

急に人が変わったように、教師たちに向かって

「犯人が名乗り出ないので教室を爆破します」と言います。

そして自分は教室を出て爆破!!!

結局先生は名乗り出ませんでした。

しかし実際に爆破されたのは隣の教室。

一颯は生徒たちを殺そうとは考えていなかったのです。

メガネに気づいていた、さくら

途中何かに気づいていた様子のさくらでしたがそれは6話の教室シーンで一颯が最初に話した「信じる信じないゲーム」でした。

メガネをかけているときの言葉は信じること

メガネをかけていないときには本当のことを言っていないので信じないように。

という意味だったのです。

それを知ってホッとする生徒たち。

犯人は武智先生!?

結局名乗り出なかった真犯人でしたが、一颯は名指しで武智先生が犯人だといいました。

ずっと怪しいとは言われていた武智先生でしたが、やっぱり!?本当に??

と、ちょっとまだ疑いがぬぐえない感じですね。

6話感想

6話では元水泳部の涼音のこと、そして一颯と文香、文香の父との関係が明らかになりました。

最後には犯人を武智先生!と断言していましたが、本当にそうなのでしょうか!?

またしても武智先生が実はグル?なんてこともありそうな気も、、

いずれにしてもまだ次は7話なので犯人にたどり着くには早すぎる展開ですよね。

3年A組今から皆さんは人質です・7話ネタバレとあらすじ感想

武智先生が犯人だと一颯が宣言して終わった6話。

7話ではその核心に迫りました。

これまでと同じように、期限は夜の8時まで。

それまでに武智先生が自分のしたことをすべて認めなければ生徒たちに危険が及ぶという一颯。

武智先生が犯人なのか、生徒たちが解析

生徒の一人、瀬尾(望月歩)は武智先生が本当に犯人なのか、決めつけるのは早いと主張。

魚住華(富田望生)もまた武智先生が犯人だとは思えないと発言。

二人は実は武智先生からスポーツ推薦の話を貰っていた二人でした。

そこで一颯は動画を生徒たちに渡し、解析するように言います。

武智大和とベルムズ

相良文香を見る一颯。そこでは文香が3年前に知り合った武智先生のある秘密が分かった事、

それは武智先生が豪翔大学のスポーツ推薦に関してある秘密を持っていたことが語られていました。

一颯が武智先生を犯人と確信を持って攻めていた理由はそこだったのです。

文香と文香の父、一颯の関係

警察は一颯や文香、そして文香の父との関係を探っていました。

そしてその結果、文香と父に親子関係がない事(文香はなくなった母親の連れ子)

そして他にも文香と父親そして一颯の関係について何かをつかんだようです。

最後では警察の中で一颯とつながっていた五十嵐にグルですね?と言う場面があったので文香と五十嵐の関係も気になるところですね。

 

武智先生と豪翔大学のスポーツ推薦

武智先生は成績を残している生徒を豪翔大学に推薦していました。

その推薦を受けていた瀬尾(望月歩)は武智先生が犯人ではないと信じたかったのです。

しかし武智先生が推薦した生徒の9割が1学期で大学を辞めていることが判明します。

武智先生と澪奈の関係

水泳で成績を残していた澪奈も当然武智先生から推薦の話を受けていました。

しかし澪奈はそれを断り続けていました。理由は武智先生と豪翔大学の深いつながりを知っていたから。

実は武智先生は豪翔大学に生徒を推薦する代わりに見返りのお金を受け取っていたのです。

そしてそれで入学した生徒で成績を残せないものは多額の学費などが理由で続けられず1学期で9割が退学していました。

それを知った澪奈は武智先生にそのことを教育委員会に訴えると言ったのです。

それが武智先生がベルムズにフェイク動画を依頼した原因でした。

武智先生と一颯の対決

武智先生を学校に呼び出し、盗聴した音声を聞かせ自白に導いた一颯。

とうとう武智先生は自分がフェイク動画を依頼したことを認めました。

そしてその現場はSNSマインドボイスでリアルタイム中継されていたのです。

一颯の宣言通り、武智先生の大切なもの「名声と権威」は奪われました。

澪奈と一緒にビルに入っていったのは武智先生なのか

澪奈の動画を依頼したことは認めた武智先生ですが、澪奈が命を絶ったそのビルに一緒に入っていた人物は自分ではないと主張する武智先生。

来ていた服装はその日武智先生がテレビ出演した時の服と一致していました。

しかし、まだこれで終わじゃない。という7話のラスト。

黒幕は誰なのでしょう。そしてビルに入っていった人物は本当に武智先生なのか、7話はこれからラストへ向けての序章と言った感じでした。

8話では黒幕に迫って行きそうですね!

3年A組今から皆さんは人質です・8話ネタバレとあらすじ感想

3年A組8話の視聴率

8話の視聴率は12.0%でした!!

これからクライマックスに向けて視聴率が上がっていくことが予想されていますね。

3年A組8話ネタバレ・感想

3年A組8話が放送されました!

ざっとあらすじを振り返って最終回ラスト、犯人の予想につなげてみたいと思います!

 

武智と文香のつながりは?

文香は武智の本当の姿を知っていたことは前回までに判明しています。

その二人のつながりは3年前。

文香が担任だった野球部の生徒を豪翔大学に推薦したいと言ってきた武智。

しかし文香はその生徒がプロを目がしていることを知っていたため断りました。

それでもしつこい武智はなんと賄賂まで持ち掛けてきたのです。

それを怪しく思った文香は興信所で武智のことを調べます。

すると武智がある人物と深いつながりがあることが判明したのです。

 

8話の一颯の授業は自習

今回、一颯の「俺の授業」は自習となりました。

各自ケータイを返してもらい、自由に過ごす生徒たち

ケータイを返していいのか!?と言う生徒に一颯は

「グ、クルっ、パ」

大事な決断をするときは一歩踏みとどまってクルっと頭を一周させれば、パっと正しい答えが浮かぶ

と言います。

 

ケータイを返された唯月はベルムズのリーダー、喜志に電話をしますが出ませんでした。

そこでメッセージを残します。

 

喜志が逮捕されたのは自分のせいだということ、そしてフェイク動画を自分に頼まなかったのは喜志の優しさだったのかなと思っていること、、

最後に今までありがとう、さようなら。と言い電話を切った唯月。

 

取調室でそれを聞いた岸は自供を始めます。

 

フェイク動画を依頼してきたのは武智。そして武智を裏で操っている人間がいること、その人物はベルムズのバックにいる人間だということ。

 

文香の父と一颯、そして元同僚の田中

一颯と文香の父が繋がっていることは前回までで判明しました。

8話では一颯の元同僚だった田中が一颯と自分が働くアクション俳優会社で働く社長のつながりに気づきます。

 

そして一颯に電話をかけてきました。

田中「どうして社長(文香の父)を巻き込んだ?自分のやっていることが正義だといえるのか?」

 

一颯「正義かどうかわかりません。でも、これが俺の道なんです。俺はヒーローにはなれなかった。田中さんはヒーローで居続けてください」

 

田中「言われなくてもそのつもりだ」

 

武智は文香を陥れようとしていた

武智は文香に牧原丈一郎との関係を知られてしまった。

その文香を陥れようと、文香が生徒とラブホテルに入っていくフェイク動画をベルムズに依頼していたのです。

 

そのことを突き付けた郡司(椎名桔平)は景山澪奈を殺したことも自供する様に言います。

しかしそれに関して武智は認めようとはしませんでした。

 

フェイク動画の異変に気付く生徒

生徒の一人、堀部瑠奈は武智の逮捕の決め手になった動画の解析をしていました。

すると、武智の顔の部分が合成だったことが判明。

その合成を詳しく調べると、なんと写っていたのは一颯だったのです。

 

それを見て騒然とする生徒たち。

 

生徒たちは一颯を問いただします。

すると「お前たちが決めろ。俺をどうしたいのか」そう言って一颯は立ち去っていきました。

 

一颯の協力者、警察の五十嵐が逮捕される

五十嵐は相楽文香の本当の父親でした。

それを証拠として五十嵐に突き付けた郡司。

郡司「でも解せないんです。どうして柊一颯は武智の前で文香さんの話をしなかったのか」

五十嵐「俺も一颯も復習が目的じゃない。相手は他にいる」

郡司が、五十嵐や一颯が誰と戦っているのかを問い詰めているとき、他の刑事が入ってきて五十嵐は連行されていきました。

 

その一部始終を一颯は通話状態の電話で聞いていました。

 

フェイク動画の真実をネットにあげるかどうか悩む生徒たち

生徒の一人、西崎楓真は武智と思われていた動画が実は一颯だった動画をネットにアップしようといいます。

武智がネット上でひぼう中傷される様子を見ながら議論する生徒たち。

その様子を一颯は桜と一緒に美術準備室で見ていました。

生徒たちの成長に涙する一颯。

生徒たちの議論が続く中、逢沢は澪奈のカバンが違っていることに気づきます。

 

そしてどの動画自体が作られたもので本当の防犯カメラの画像ではないこと、

一颯が作ったフェイク動画だということに気づいたのです。

 

生徒たちは、武智に復讐するために一颯が作ったフェイク動画だと騒ぎ、西崎はこの動画をネット上に公表しようとします。

 

西崎は以前、澪奈のフェイク動画が出回った時、その動画がフェイクだと知ったのにそれを公表しなかったことを後悔していました。

 

しかし、その西崎を堀部瑠奈が体を張って止めます。

 

「私も悔やんでる。見てみぬふりをしたこと。でも今回のことと景山さんの時は違う。もっとよく考えよう」

―グックルパ―

一颯が言った言葉をしっかりと受け止めていたのです。

 

その様子を見た一颯は「俺の伝えたかったことが届いてたんだな」と言って涙を流しました。

 

そんな一颯にさくらは澪奈との大事な思い出が詰まったハンカチを渡します。

 

・郡司と一颯の戦い、そしてヒーロー登場!?

五十嵐が連行され、警察の指揮官が変わったことで警察は学校へ侵入してきました。

 

その前に学校に乗り込んでいた郡司。

一颯が生徒に危害を加えることがないとバレている状態で五十嵐と言う共犯者を失った今、人質が欲しいんだろうと予想した郡司。

さすが刑事さん。人質になってもらえますか。と言う一颯。

 

二人はお互いにピストルを向けます。

殴られる一颯、

「あなたならきっとわかるはずだ。悪意にまみれたナイフで汚れなき弱者を傷つけられたあなたなら」

一颯は病気で弱った居たため郡司に一方的にやられて立てなくなってしまいます。

そして手錠をかけられようとしたその時。

背後からヒーロー登場!

「嘘だろ、、、」と言う郡司。

 

そこにはガルムフェニックス(ファイター田中)が立っていたのです!

 

3年A組今から皆さんは人質です・9話ネタバレとあらすじ感想

  • 9話ではすでに柊一颯はなくなっている
  • 物語は3年後に一度飛ぶ

ということでかなり展開が変わってくる9話。

ここから先は新しい章。そして後は全ての謎が解き明かされるのを待つばかりですね!

9話放送後にあらすじ・感想を更新していきます!!

3年A組今から皆さんは人質です・10話ネタバレとあらすじ感想

 

3年A組ネタバレ結末・最終回は?※毎週更新中!!

予想できない展開、そして原作もない!ということでネタバレ結末が気になる!と言う人も多いようです。

原作がないとネタバレをするということもできないのですが、内容として似た映画や小説があるのでそれと似ている展開や結末になるのでは?と言われしました。

しかし回が進むにつれて生徒たちは全員が生きていたことが判明しています。

柊一颯と自殺した澪奈との関係、そして澪奈と相楽文香、そしてベルムズとの関係、

様々な繋がりを含めた謎が残っていますが毎回本気で生徒にぶつかる一颯の姿は鬼気迫るものがありますね!

柊一颯が最初に言っていたセリフ

『今この瞬間に、お前たちの教師になるためにここにいる』

そして毎回「今日も俺の授業を始める」と言いますよね。

一颯はかなり苦しそうに倒れた4話が終了しましたがおそらくもう命は残り少なくなっているのでしょう。

それまでに自分が本当に伝えたいことを伝える為の時間を作ったのかもしれません。

それだけならSNSで事件を世間に知らしめることはないですよね。

でもこの事件はSNSでわざわざ拡散させています。

と言うことは世間的にもなにか大きな影響を与えたい、気付きを与えたい、またはもっと大きな根本を変えるには世間を巻き込む必要がある。

ということなのでしょう。

結局景山澪奈が自殺したのはSNSでフェイク動画が拡散されたことが原因ですが、それは正しいのかどうかわからない情報を軽い気持ちで拡散してしまう、、ネット上の危険な闇が影響していますよね。

そんなネット上の世界への警告、もあるように思えます。

ラストで柊一颯は屋上から飛び降りる?というようなシーンから物語はスタートしていますがどうなるのでしょうか!?

まだ分かりませんがすでに苦しそうにしている一颯なのでおそらくはこの事件を最後に自分の命が終わること前提でいるのでしょう。

一颯が生徒に命懸けの授業で伝えたいことは分かってきていますが、その一方で元恋人の文香が重要なポイントになっていますよね。

その辺がラストで予想ができないような結末に繋がっていくような気がします。




3年A組‐今から皆さんは人質です‐原作ネタバレは「告白」「そして粛清の扉を」に似てるのか?

似てる展開になる?と言われているのは映画「告白」と、小説「そして粛清の扉を」

映画「告白」は松たか子さん主演で松たか子さんが教師役でした。

この2つの作品のネタバレや似てる?と言われる部分についてはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください↓↓↓

3年A組の犯人ネタバレとラストは!?最終回を徹底予想してみる!2019年1月、菅田将暉さん主演のドラマ3年A組が始まります! 生徒たちを監禁する“衝撃学園ミステリー”ということで最終回、ラスト...

確かに設定は似ているこの2作品。

ネタバレになりますが、映画「告白」も生徒たちに命について教えるという内容で、猟奇的にではありませんが精神的にかなり追い込んでいきます。

小説「そして粛清の扉を」こちらは小説ということもあってかなり血生臭いシーンも。。

生徒たちへの“授業”の仕方はそれぞれ違っているのですが、ポイントはどちらも事件の発端となったのは自分の家族の死があります。

今回はその発端が何なのか、どうして柊一颯がこのような事件を起こすことになったのか、1話のラストでは元担任の相楽文香の写真を見ていたのは大きなポイントになりそうです。

相楽文香の父親が魁皇高校の事件を知って押し掛けた野次馬の中にいたというのも気になりますね。

この2つの作品とストーリーがどのくらい似た者になるのか、全く違うストーリーや結末になる可能性も大いにありそうです!

3年A組‐今から皆さんは人質です‐キャスト

柊一颯:菅田将暉

高校の美術教師。いつもは目立たない存在でちょっと頼りない雰囲気だがある日突然生徒たちを人質にとり立てこもる

茅野さくら:永野芽郁

3年A組の学級委員で自殺した生徒一番仲が良かった。

内気な性格で自分の意見を言うのが苦手。

相楽文香:土村芳

元3年A組の担任だったが、生徒が自殺した後休職している。柊一颯とも関係があるような、、

郡司真人:椎名桔平

生活安全課の刑事。今回の事件を担当する。

市村浩一:ベンガル

魁皇高校の校長。とにかくことを穏便にしたいタイプ

武智大和:田辺誠一

魁皇高校の数学教師。テレビなどにも出演するミーハーな目立ちたがり

逢沢博己(あいざわ ひろき)【萩原利久】(はぎわら りく)
美術部と映画研究会の二刀流!成績優秀・頭脳明晰なクール男子

秋庭 凛(あきば りん)        【秋田汐梨】(あきた しおり)
笑顔良し、ルックス良し!映えが命のイマドキ天然女子

浅見沙也(あさみ さや)        【若林 薫】(わかばやし かおる)
育ちの良さと大人の風格で一目置かれる部活大好き書道部女子

石倉光多(いしくら こうた)        【佐久本宝】(さくもと たから)
口達者でずる賢い喧嘩っ早いクラスの問題児!

魚住 華(うおずみ はな)        【富田望生】(とみた みう)
柔道部の星!食を愛し、チャーミングな二面性輝く怪力女子

甲斐隼人(かい はやと)    【片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)】(かたよせ りょうた)
縛られることが大嫌い!オーラ漂う学校1の悪(あく)大将!

宇佐美香帆(うさみ かほ)        【川栄李奈】(かわえい りな)
ダンス部所属の活発女子!コミュ力高め!3年A組のダイナモ娘!

景山澪奈(かげやま れいな)    【上白石萌歌】(かみしらいし もか)
みんなが憧れ抱く孤高の少女!だけど彼女に大きな秘密が!?

金沢玲央(かなざわ れお)        【新條由芽】(しんじょう ゆめ)
生活水準低めの控えめ女子!コンプレックス多めの努力家ガール

里見海斗(さとみ かいと)        【鈴木 仁】(すずき じん)
女子人気№1のモテ男子!行動・観察力抜群のサッカー部エース

須永 賢(すなが けん)        【古川 毅(SUPER★DRAGON)】(ふるかわ つよし)
問題児メンバー1の切れ者男子!冷静沈着なモテ男には女性ファンも多い

瀬尾雄大(せお ゆうだい)        【望月 歩】(もちづき あゆむ)
身体能力抜群の陸上部のスプリンター 猪突猛進の行動派!

河合未来(かわい みき)        【搗宮姫奈】(つきみや ひめな)
声がデカイぞバレー部女子! 人の顔色を伺う空気読みレシーバー

熊沢花恋(くまざわ かれん)    【堀田真由】(ほった まゆ)
伝統の水泳部 輝くキャプテン 花のように恋をする勝ち気女子!

小宮山愛華(こみやま あいか)    【日比美思】(ひび みこと)
楽しいこと大好き アッパー女子! 毎日リア充生活大発信!

立野寛人(たての ひろと)        【森山 瑛】(もりやま あき)
鉄道を愛する生真面目男子 記憶力抜群・成績優秀!

中尾 蓮(なかお れん)        【三船海斗】(みふね かいと)
バイクとバイトに明け暮れるナイスガイ!気になるあの子と交際中?

西崎颯真(にしざき そうま)        【今井悠貴】(いまい ゆうき)
電脳部所属 コンピューター界未来のエース!謎めく表情は何思う!?

諏訪唯月(すわ ゆづき)        【今田美桜】(いまだ みお)
青春謳歌するスーパー読者モデル!クラスメイトの憧れの的!

辻本佑香(つじもと ゆうか)        【大原優乃】(おおはら ゆうの)
目立たぬように隅っこ好む!フツウが大好き平均女子!

花岡沙良(はなおか さら)        【横田真悠】(よこた まゆう)
オシャレを愛する原宿系女子!将来の夢はとにかく「成功者」!

兵頭 新(ひょうどう あらた)        【若林時英】(わかばやし じえい)
お調子者の野球部員!クラスかき回す 面白いが最優先直観系男子

不破航大(ふわ こうだい)        【飛田光里】(とびた ひかり)
筋トレ一筋・クラス№1の肉体系男子!内に秘めるはナルシズム!?

真壁 翔(まかべ かける)        【神尾楓珠】(かみお ふうじゅ)
伝統水泳部支えるイケメンマネージャー!ある生徒への恋が大事件に!?

堀部瑠奈(ほりべ るな)        【森 七菜】(もり なな)
電脳部所属のアニメ大好き小動物系クイーン! 奥に抱える彼女の秘密は!?

光永 葵(みつなが あおい)        【西本銀二郎】(にしもと ぎんじろう)
巧みな話術とコミュ力の高さで学園生活をナンパに捧げた男! 人の心を弄ぶ慎重派!

水越涼音(みなこし すずね)    【福原 遥】(ふくはら はるか)
思ったことは口に出します! 恋愛体質系女子! 彼女を敵に回すと一番の厄介!

柳本 稔(やなもと みのる)        【高尾悠希】(たかお ゆうき)
実はクラス1の強者とか? ナゼ食べる?そこに食事があるから。

結城美咲(ゆうき みさき)        【箭内夢菜】(やない ゆめな)
アイドルを夢見るチャーミング&ミステリアスな女子! ちょっぴり空気の読めない一面も?

引用:https://www.ntv.co.jp/3A10/articles/130u279eolkayz7xsfb.html

スポンサーリンク





3年A組‐今から皆さんは人質です‐放送日や主題歌・動画は?

  • 放送日:毎週日曜 夜10時30分~
  • 主題歌:ザ・クロマニヨンズ「生きる」
  • 音楽 :松本晃彦

3年A組ネタバレ結末と犯人の衝撃展開!原作も詳しく調べてみた!まとめ

  • 3年A組のネタバレ・結末・犯人についてですが、柊先生本人が犯人!?という説まで飛び交っていますが、この作品は原作が無いので正確なネタバレというのはありません。
  • 回が進むごとにネタバレ結末と犯人ににつての議論は深まって行きそうです…!こちらでもまた追記していきたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク